[V・サマーリーグ] vs 久光製薬スプリングス

NECレッドロケッツ vs 久光製薬スプリングス
3 25 22 2
27 29
18 25
25 20
18 16
大会名 V・サマーリーグ
日時 2012/09/09 13:30
会場 藤沢市秩父宮記念体育館(神奈川)

comment

昨年に続き、連覇を狙うレッドロケッツは西部1位の久光製薬に対し、第1セットから積極的な攻撃を仕掛ける。セッターの松浦が大野のクイックや、ライトの白垣など相手に的を絞らせない多彩な攻撃で序盤から得点を重ねる。中盤には近江が絶妙なフェイント、そして八幡が豪快なバックアタックを決め、連続得点を挙げる。リベロの滝口も好レシーブで盛り立て、白垣の連続得点でセットポイントを握ると、最後は島村のクイックで第1セットはレッドロケッツが先取した。
第2セットは久光製薬に先行され、苦しい立ち上がりを強いられる。大野のサービスエースや近江の攻撃で追い上げるも、久光製薬のリードが続く。しかし終盤、近江がラリーを制して流れを引き寄せ、23ー23の同点とし、そのままジュースへもつれ込む。白熱したラリーが繰り広げられ、一進一退の攻防が続いたが、最後は相手ブロックに封じられ、第2セットは29ー27で久光製薬が制する。
第3セットも1点を争う白熱した展開が続く。レッドロケッツは松浦のサービスエースや近江のブロックで得点するも、中盤に久光製薬に連続失点を献上。点差を縮めることができず、第3セットも奪われてしまう。
第4セット、白垣に代わってライトに内田を起用。そのキャプテンのバックアタックで再び勢いを取り戻し、大野のブロック、クイックで得点を重ねる。ワンポイントで投入されたピンチサーバーの鳥越、ピンチブロッカー白垣も各々の役割を果たし、最後は島村の連続得点で第4セットを取り返し、フルセットへ突入した。
最終セットも気迫のこもったプレーを展開、八幡のスパイクで序盤からリードを奪う。しかし久光製薬も粘りを見せ、逆転を許し、12ー14と先にマッチポイントを握られる。後がない状況に追い込まれながらも、八幡のスパイク、島村の攻撃で土壇場で追いつき、第2セットへ続いてジュースへ。近江の渾身のスパイクで逆転し、最後はキャプテンの内田が決め、レッドロケッツが激戦を制し、昨年に続いて連覇を達成した。

V・サマーリーグ 試合一覧

2012/07/06 日立リヴァーレ ○ 2-0

2012/07/06 GSSサンビームズ ○ 2-0

2012/07/07 デンソーエアリービーズ ○ 2-1

2012/07/07 パイオニアレッドウィングス ○ 2-0

2012/07/08 日立リヴァーレ ○ 2-0

2012/09/08 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2012/09/08 岡山シーガルズ ○ 3-0

2012/09/09 久光製薬スプリングス ○ 3-2