[V・プレミアリーグ] vs 日立リヴァーレ

NECレッドロケッツ vs 日立リヴァーレ
3 25 19 2
26 24
16 25
22 25
15 11
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2014/02/22 14:00(2)
会場 川崎市とどろきアリーナ(神奈川)
☆ホームゲーム

comment

ホームとどろきで日立と対戦したレッドロケッツ。立ち上がりは相手の勢いに押され、いきなり5点のビハインドを負う。しかし、島村のブロックや速攻、近江のサービスエースで一気に追い上げ、都築のスパイクで同点とする。その後は都築の活躍がありながらも一進一退だったが、セット終盤に抜け出したのはレッドロケッツ。都築のスパイクとブロック、ハナのクイックが決まり、最初のセットをものにした。
第2セットも序盤はリズムをつかめなかった。島村が移動攻撃を決めたが、6点のリードを許す。それでも粘り強い守備で相手のミスを誘い、近江のスパイクやブロックで徐々に点差を詰めていく。島村の活躍で同点とし、家高のポイントでついに逆転に成功。再び振り切ろうとする相手に対し、大野のスパイクやハナのブロックで食らいつき、最後は近江のサービスエースで接戦となったセットを奪った。
一気に行きたい第3セット。しかし、開き直ってきた相手に序盤から主導権を握られてしまう。レッドロケッツは白垣のバックアタックや家高の速攻で反撃するも、点差は少しずつ開いていった。島村の攻撃や松浦のブロック、鳥越の身体を張った守備など、随所で光るプレーも見られたが、大差でこのセットを失った。
第4セットは島村と松浦の活躍で好スタート。都築や大野もきっちり決め、着実に得点を重ねた。セット半ばに逆転され、一時は5点差をつけられたが、内田のサービスエースや都築の連続得点で追いついた。その後、内田のスパイクなどで終盤まで激しい点の取り合いが続いたものの、最後に日立に振り切られ、セットカウントタイとされてしまった。
迎えたファイナルセット。レッドロケッツは内田のスパイクで先制し、島村も続く。都築のスパイク、大野のブロック、松浦のサービスエースで6点をリード。そこから日立に追い上げられ、嫌なムードになりかけたが、近江が起死回生のブロックを決めると、最後も近江が決めきってレッドロケッツか勝利を収めた。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2013/11/30 岡山シーガルズ ● 1-3

2013/12/01 日立リヴァーレ ● 1-3

2013/12/07 東レアローズ ● 2-3

2013/12/08 久光製薬スプリングス ● 2-3

2013/12/21 パイオニアレッドウィングス ● 0-3

2013/12/22 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2014/01/11 JTマーヴェラス ○ 3-2

2014/01/12 久光製薬スプリングス ● 2-3

2014/01/18 岡山シーガルズ ○ 3-1

2014/01/19 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2014/01/25 東レアローズ ● 2-3

2014/01/26 パイオニアレッドウィングス ○ 3-0

2014/02/01 JTマーヴェラス ○ 3-1

2014/02/02 日立リヴァーレ ● 2-3

2014/02/08 久光製薬スプリングス ● 0-3

2014/02/09 パイオニアレッドウィングス ○ 3-0

2014/02/15 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2014/02/16 東レアローズ ● 1-3

2014/02/22 日立リヴァーレ ○ 3-2

2014/02/23 岡山シーガルズ ○ 3-0

2014/03/01 JTマーヴェラス ● 1-3

2014/03/02 パイオニアレッドウィングス ○ 3-0

2014/03/08 久光製薬スプリングス ● 1-3

2014/03/09 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2014/03/15 JTマーヴェラス ● 1-3

2014/03/16 東レアローズ ● 1-3

2014/03/21 日立リヴァーレ ● 2-3

2014/03/22 岡山シーガルズ ○ 3-1