[V・プレミアリーグ] vs 岡山シーガルズ

NECレッドロケッツ vs 岡山シーガルズ
1 17 25 3
20 25
25 23
21 25
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2014/11/30 13:00(2)
会場 維新百年記念公園スポーツ文化センター(山口)

comment

昨日の今季初黒星後に迎えた、山口市での岡山戦。
立ち上がりから硬さの見られるレッドロケッツは、着実に得点を重ねていく相手に主導権を握られる。山口のツーアタックやサービスエース、初スタメンとなった佐川のスパイクが決まるも、一時は11点差をつけられてしまった。苦しい状況で気を吐いたのが、途中交代で入った上野だった。連続サービスエースの後、バックアタックと速攻を決め、悪い流れを断ち切るべく奮闘する。しかし、反撃開始が遅く、第1セットを落とした。

気持ちを入れ替えて臨んだ第2セット、レッドロケッツは序盤に佐川、島村、上野が得点する。ところが、6-7からの5連続失点で引き離されて以降、なかなか点差が縮まらない。上野の移動攻撃や近江の技ありのスパイクで追い上げを試みたが、流れは相手に傾いたままだった。最後はレッドロケッツの連携ミスでこのセットも失ってしまう。

後のない第3セットは、イエリズの2本のスパイクや島村の移動攻撃で、まずまずのスタートを切ったかに見えた。しかし、常に先行していたのは岡山で、レッドロケッツは白垣のスパイクや、イエリズのバックアタックで必死に食らいつくのが精一杯。リードを奪うまでには至らなかった。それでも諦めずに、イエリズがスパイクとブロックを決め、リーグ戦初出場となった松崎も得意のブロードで2得点。終盤に逆転に成功したレッドロケッツがセットを奪い返した。

第4セットは白垣が攻撃陣をリードし、近江や島村も続く。だが、セット半ばから徐々に岡山に走られ、またしても苦しい展開に。大野や近江のスパイクと秋山のツーアタックで追いかけながら、セット終盤には3連続ブロックで意地を見せたレッドロケッツだったが、粘り強い岡山に逃げ切られ、悔しい敗戦となってしまった。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2014/11/16 日立リヴァーレ ○ 3-0

2014/11/22 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2014/11/23 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-2

2014/11/29 久光製薬スプリングス ● 2-3

2014/11/30 岡山シーガルズ ● 1-3

2014/12/06 上尾メディックス ○ 3-2

2014/12/07 東レアローズ ○ 3-2

2015/01/10 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/01/11 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2015/01/18 東レアローズ ● 0-3

2015/01/24 上尾メディックス ● 2-3

2015/01/25 岡山シーガルズ ○ 3-0

2015/01/31 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2015/02/01 上尾メディックス ● 0-3

2015/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2015/02/08 東レアローズ ● 2-3

2015/02/14 日立リヴァーレ ○ 3-0

2015/02/15 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/02/21 岡山シーガルズ ● 0-3

2015/02/22 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2015/02/28 東レアローズ ○ 3-0

2015/03/07 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/03/08 日立リヴァーレ ● 0-3

2015/03/14 上尾メディックス ○ 3-1

2015/03/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/03/28 上尾メディックス ○ 3-0

2015/04/04 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2015/04/12 IBK企業銀行アルトス ○ 3-0