[V・プレミアリーグ] vs 東レアローズ

NECレッドロケッツ vs 東レアローズ
3 25 19 2
21 25
25 19
23 25
19 17
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2014/12/07 13:05(2)
会場 滋賀県立体育館 (滋賀)

comment

1LEG最終戦は敵地滋賀での東レ戦。
第1セット序盤、この日スタメン起用の上野がブロックを決め先取点を奪う。その後もイエリズ、島村とブロックを決める。打っては近江、島村と確実に得点し8-4と優位に試合を進める。しかし、ホーム東レの勢いの前に押され逆転を許してしまう。ここでレッドロケッツは近江のファインレシーブから白垣が連続スパイクを決めて14-13と逆転に成功するとイエリズ、島村の強烈なスパイクで得点を重ね、最後は島村のブロックで締めて25-19と第1セットを奪った。
第2セットに入ると東レの高いブロックの前に攻撃を阻まれ6-8とリードを奪われる。それでも近江の絶妙なフェイントとブロックで10-10と同点に追いつく。その後は一進一退の攻防が続き16-16とどちらも譲らない展開。両チームに抜け出すチャンスはある中、20-20と勝負は終盤に持ち越された。長いラリーを制され東レに流れがいき、このセットを21-25と反対に奪われてしまった。
第3セット、レッドロケッツはスタートに秋山と大野を起用。その大野は期待に応え、速攻を連続で決め、さらにはサービスエースを奪い、チームに勢いを与え8-5と序盤はペースを握った。中盤に入っても秋山がスパイカーを巧みに操り16-11と主導権はレッドロケッツに。一時追い上げられて嫌なムードが漂う中、白垣のスパイクやリベロ岩崎のスーパーレシーブもあり、また流れを引き寄せて25-19とセットを奪い返した。このまま勢いに乗っていきたい第4セットは島村の活躍などで中盤までは優位な展開とし16-13。しかし、ムードは一変し東レに17-18と逆転を喫してしまう。終盤はお互いに点を取り合い21-21とどちらへ転んでもおかしくないゲームとなったが、僅かに及ばずに23-25で落とし、昨日に続きまたしてもフルセットとなった。
幸先よく、白垣、近江、イエリズとスパイクを決めて4-2とリードするも東レの執念のレシーブから連続失点を喫してしまい5-8となりコートチェンジ。
白垣、大野のスパイクで1点差までは詰め寄るものの同点に追いつけないまま、12-14と東レのマッチポイント。島村の攻撃が決まったが、まだ13-14と不利な状況は変わらない。ここで岩崎が起死回生のレシーブでつなぎ、これまた島村の値千金のブロックが飛び出し14-14とゲームを振りだしに戻した。両者意地のぶつかり合いとなったが執念に優るレッドロケッツが激戦を制してフルセット勝ちを収めた。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2014/11/16 日立リヴァーレ ○ 3-0

2014/11/22 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2014/11/23 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-2

2014/11/29 久光製薬スプリングス ● 2-3

2014/11/30 岡山シーガルズ ● 1-3

2014/12/06 上尾メディックス ○ 3-2

2014/12/07 東レアローズ ○ 3-2

2015/01/10 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/01/11 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2015/01/18 東レアローズ ● 0-3

2015/01/24 上尾メディックス ● 2-3

2015/01/25 岡山シーガルズ ○ 3-0

2015/01/31 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2015/02/01 上尾メディックス ● 0-3

2015/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2015/02/08 東レアローズ ● 2-3

2015/02/14 日立リヴァーレ ○ 3-0

2015/02/15 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/02/21 岡山シーガルズ ● 0-3

2015/02/22 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2015/02/28 東レアローズ ○ 3-0

2015/03/07 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/03/08 日立リヴァーレ ● 0-3

2015/03/14 上尾メディックス ○ 3-1

2015/03/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/03/28 上尾メディックス ○ 3-0

2015/04/04 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2015/04/12 IBK企業銀行アルトス ○ 3-0