[V・プレミアリーグ] vs 久光製薬スプリングス

NECレッドロケッツ vs 久光製薬スプリングス
3 25 23 0
30 28
25 18
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2015/02/07 14:00
会場 山形県総合運動公園総合体育館(山形)

comment

山形県天童市で首位をひた走る久光製薬と対戦。

 序盤は相手に先行されたものの、島村の移動攻撃で食らいつき、山口のツーアタックとイエリズのブロックで逆転に成功する。その後、10―13とされたが、イエリズや白垣のスパイク、山口のブロックでそれ以上のリードを許さない。途中交代で入った佐川、鳥越、柳田の活躍もあり、セット半ばに再びリードしたレッドロケッツ。島村の移動攻撃で終盤に2点差をつけると、最後は白垣が2本のスパイクを決めて、レッドロケッツが第1セットを先取した。

 白垣のブロックで先制した第2セットも、終盤まで互角の展開が繰り広げられた。イエリズがバックアタックを決め、このセットはスタートから起用された佐川も速い攻撃で得点を重ねる。中盤には山口のツーアタックや白垣の1枚ブロックが炸裂。リベロ岩崎やピンチサーバーで入った鳥越の好守も光った。18―19からイエリズのサービスエースなどで3連続得点を挙げたが、すぐに追いつかれ、勝負はデュースに。それでも集中力を切らさなかったレッドロケッツは常に先行しながら、最後は島村の連続得点でこのセットもレッドロケッツが奪った。

 第3セットはイエリズのスパイクで先制したが、相手の反撃の前に2―8と劣勢を強いられた。しかし、途中から入った秋山のトスワークが冴え、島村の速攻や近江の活躍で早い段階で同点に追いつく。中盤には佐川の速攻や白垣のバックアタックも決まった。18―17から柳田のスパイクと白垣の4連続得点で一気に突き放したレッドロケッツ。マッチポイントでは相手がサーブをミスし、ストレートで今季初めて久光製薬に勝利した。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2014/11/16 日立リヴァーレ ○ 3-0

2014/11/22 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2014/11/23 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-2

2014/11/29 久光製薬スプリングス ● 2-3

2014/11/30 岡山シーガルズ ● 1-3

2014/12/06 上尾メディックス ○ 3-2

2014/12/07 東レアローズ ○ 3-2

2015/01/10 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/01/11 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2015/01/18 東レアローズ ● 0-3

2015/01/24 上尾メディックス ● 2-3

2015/01/25 岡山シーガルズ ○ 3-0

2015/01/31 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2015/02/01 上尾メディックス ● 0-3

2015/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2015/02/08 東レアローズ ● 2-3

2015/02/14 日立リヴァーレ ○ 3-0

2015/02/15 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/02/21 岡山シーガルズ ● 0-3

2015/02/22 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2015/02/28 東レアローズ ○ 3-0

2015/03/07 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/03/08 日立リヴァーレ ● 0-3

2015/03/14 上尾メディックス ○ 3-1

2015/03/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2015/03/28 上尾メディックス ○ 3-0

2015/04/04 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2015/04/12 IBK企業銀行アルトス ○ 3-0