[V・プレミアリーグ] vs デンソーエアリービーズ

NECレッドロケッツ vs デンソーエアリービーズ
3 18 25 1
25 23
25 11
25 17
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2015/11/01 13:00
会場 鈴鹿市立体育館(三重)

comment

三重県・鈴鹿市立体育館でのデンソー戦。
レッドロケッツはいきなり3点を先取されるも、古賀のスパイクなどですぐに追いつく。その後は大野のブロード、白垣のスパイクとブロックで得点を重ね、古賀のブロックや近江の巧みなフェイントも決まった。しかし、一進一退の展開の中、サーブレシーブの崩れから連続失点を喫し、最初のセットを18-25で落としてしまう。
第2セット、序盤に古賀と白垣がスパイクを決めたが、先にリズムをつかんだのはデンソーだった。そこでレッドロケッツは3-6の時点でタイムアウトを取ると、島村の速攻やブロードですぐさま同点に。9-13と離されはしたが白垣の連続得点や島村のスパイクで追いつき、岩﨑の好レシーブからの古賀のスパイクで、ついに逆転に成功した。そこからは大野や近江らが得点しながらも互いが一歩も譲らず終盤。集中力を切らさなかったレッドロケッツが最後の最後で相手を振り切ってセットを奪い返した。
セットカウントをタイとしたレッドロケッツは第3セット、古賀、白垣、島村らが決定機を確実にものにしていく。1回目のテクニカルタイムアウトまでは接戦だったが、一気に流れを引き寄せたのはレッドロケッツだ。近江がスパイクやブロックでチームを勢いづけ、白垣は強烈なスパイクを突き放つ。古賀のスパイクや山口のツーアタックが炸裂した13-9以降は相手に隙さえ与えず、最後は島村のサービスエースで大差でセットを奪った。
レッドロケッツの勢いは、第4セットに入ってからも止まらない。7-5からは山口のツーアタックや白垣のサービスエースなどで7連続得点。その後も近江や古賀のスパイクで確実に得点した。鳥越や岩﨑を中心とした守備も綻びを見せることなく、マッチポイントは近江がスパイクを決めきり、レッドロケッツが昨日の今季初勝利に続いて連勝を飾った。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2015/10/18 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2015/10/24 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/10/25 岡山シーガルズ ● 2-3

2015/10/31 上尾メディックス ○ 3-1

2015/11/01 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/07 東レアローズ ● 0-3

2015/11/08 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/11/21 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/22 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/11/28 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/11/29 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/12/05 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2015/12/06 上尾メディックス ● 2-3

2015/12/12 東レアローズ ● 0-3

2015/12/13 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/01/09 東レアローズ ● 1-3

2016/01/10 岡山シーガルズ ● 0-3

2016/01/16 上尾メディックス ○ 3-2

2016/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2016/01/23 久光製薬スプリングス ● 1-3

2016/01/24 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2016/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2016/02/13 岡山シーガルズ ○ 3-2

2016/02/14 東レアローズ ● 1-3

2016/02/21 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/02/27 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0