[V・プレミアリーグ] vs 東レアローズ

NECレッドロケッツ vs 東レアローズ
1 21 25 3
25 22
19 25
15 25
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2016/01/09 14:00(2)
会場 岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)(岡山)

comment

2016年の初戦となる、岡山での東レ戦。
レッドロケッツは長いラリーを次々と得点に結びつけ、好スタートを切る。白垣の強打やフェイント、家高のスパイクがチームに勢いをもたらした。しかし、すぐに立て直してきた東レに押し返され、今度は追いかける展開に。古賀や白垣の得点で食らいつき、柳田のサービスエースや白垣のブロックで流れを引き戻そうとした。古賀の奮闘などで最大6点あったビハインドを1点差まで詰めたが、同点にするまでには至らない。終盤に投入されたイエリズも強打を決めたが、最初のセットを落とした。
柳田の先制点で始まった第2セット、上野と島村の得点でリズムをつかみ、白垣と古賀のブロックでリードを広げた。古賀や柳田が決めたラリーでは鳥越の身体を張った守備が光った。上野も速攻で続く。終盤に同点に追いつかれたものの、白垣のスパイクで逆転は許さない。逆に柳田のサービスエースの後、山口がネット際の押し合いを制して、セットを奪い返した。
第3セットは、序盤はほぼ互角の攻防が繰り広げられた。レッドロケッツは粘り強くボールをつなぎながら、相手のスパイクミスで得点する場面が多かった。柳田らサイドアタッカー陣もチャンスは確実にものにしていく。しかし、中盤に入って徐々にリードを広げられ、古賀、白垣、柳田らがスパイクを決めても点差はなかなか縮まらなかった。
第3セットを失い、後がなくなった第4セット、立ち上がりこそ落ち着いて入ったが、5-6からミスも絡み、一気に突き放されてしまう。島村と山口のサービスエース、柳田や上野のスパイクで必死に追いすがったものの、それまでに負ったビハインドが大きすぎた。終盤、山口がブロックで意地を見せたが、勝利をつかむことはできなかった。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2015/10/18 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2015/10/24 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/10/25 岡山シーガルズ ● 2-3

2015/10/31 上尾メディックス ○ 3-1

2015/11/01 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/07 東レアローズ ● 0-3

2015/11/08 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/11/21 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/22 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/11/28 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/11/29 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/12/05 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2015/12/06 上尾メディックス ● 2-3

2015/12/12 東レアローズ ● 0-3

2015/12/13 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/01/09 東レアローズ ● 1-3

2016/01/10 岡山シーガルズ ● 0-3

2016/01/16 上尾メディックス ○ 3-2

2016/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2016/01/23 久光製薬スプリングス ● 1-3

2016/01/24 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2016/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2016/02/13 岡山シーガルズ ○ 3-2

2016/02/14 東レアローズ ● 1-3

2016/02/21 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/02/27 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0