[V・プレミアリーグ] vs 上尾メディックス

NECレッドロケッツ vs 上尾メディックス
3 20 25 2
22 25
25 19
25 19
15 10
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2016/01/16 14:00(2)
会場 さいたま市記念総合体育館(埼玉)

comment

レギュラーラウンドも大詰めを迎え、さいたま市でホームの上尾と対戦した。
序盤からサーブで攻める意識が高かったレッドロケッツ。白垣のサービスエースの後、島村の崩しから古賀がブロックとスパイクで連続得点を挙げた。1回目のテクニカルタイムアウト後、追いかける展開になったが、大野と島村の速攻、柳田の2本のバックアタックで食らいつく。しかし、思うように点差を詰められず、最初のセットを落とす。
第2セットは、大野のサービスエースと島村のブロックで流れをつかんだ。粘り強い守備で相手のスパイクミスを誘い、古賀も高い決定力で攻撃の柱となった。大野の速攻、柳田と白垣のスパイクも決まり、セット半ばまではレッドロケッツペース。しかし、徐々に追い上げられ、2回目のテクニカルタイム直後に逆転を許した。途中から入ったイエリズが見せ場を作ったものの、振り切られてしまった。
後がなくなった第3セット、柳田のスパイクやブロック、大野の速攻で好発進。白垣は二段トスを打ち切り、島村のブロックや古賀の活躍でリードを広げていく。大野がブロック、柳田がライトからの攻撃、島村が力強いスパイクと、それぞれが持ち味を発揮。終盤にはイエリズが決め、最後は島村が締めて、危なげない形でセットを奪い返した。
この勢いを続けたい第4セットだったが、序盤は一進一退。レッドロケッツはイエリズや古賀らが得点を重ねながら点差を広げる機会を待った。鳥越の好守もあり、相手のミスで一歩抜け出すと、イエリズの強打や山口のブロックが炸裂。中盤以降は3点前後のリードを保ってゲームを進めた。一時は粘る上尾に1点差まで迫られたが、イエリズの活躍で突き放し、最後はまたしても島村がブロックで締めくくった。
ファイナルセットは島村と大野の得点で中盤までは互角の展開。イエリズのブロックで抜け出して以降、イエリズの攻撃力が爆発し、上尾を一気に引き離した。島村もブロックやスパイクで続き、マッチポイントでは山口が強打を突き刺し、大逆転で勝利をもぎ取った。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2015/10/18 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2015/10/24 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/10/25 岡山シーガルズ ● 2-3

2015/10/31 上尾メディックス ○ 3-1

2015/11/01 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/07 東レアローズ ● 0-3

2015/11/08 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/11/21 デンソーエアリービーズ ○ 3-1

2015/11/22 久光製薬スプリングス ● 2-3

2015/11/28 岡山シーガルズ ○ 3-1

2015/11/29 日立リヴァーレ ○ 3-1

2015/12/05 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2015/12/06 上尾メディックス ● 2-3

2015/12/12 東レアローズ ● 0-3

2015/12/13 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/01/09 東レアローズ ● 1-3

2016/01/10 岡山シーガルズ ● 0-3

2016/01/16 上尾メディックス ○ 3-2

2016/01/17 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2016/01/23 久光製薬スプリングス ● 1-3

2016/01/24 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2016/02/07 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2016/02/13 岡山シーガルズ ○ 3-2

2016/02/14 東レアローズ ● 1-3

2016/02/21 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/02/27 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0