[皇后杯] vs PFUブルーキャッツ

NECレッドロケッツ vs PFUブルーキャッツ
3 25 20 0
25 17
25 23
大会名 皇后杯
日時 2015/12/19 11:00
会場 東京体育館(東京)

comment

天皇杯皇后杯の2日目よりNECレッドロケッツは登場し、PFUブルーキャッツとの対戦となった。
初戦ということで序盤はミスが出てリズムが掴めない状況にあり6-8のビハインドで試合は中盤に進んだ。
しかし、古賀やイエリズの好レシーブから徐々に動きも良くなり、大野らのスパイクで13-10とリードを奪う。その後、両者ともに同じように点を奪い合い16-13でセカンドテクニカルアウトを迎えた。
そこから、鳥越の確実なスパイクレシーブから古賀、イエリズがブロックを利用した巧みなスパイクで得点し18-13と一歩抜け出した。
だが、サーブレシーブの崩れから連続失点を喫してしまう。この場面で山田監督はイエリズに代えて怪我から復帰した柳田を起用した。
その柳田は最初のスパイクこそ拾われたが、2本目のスパイクはライトから相手コートにたたき込み、久々にコートで躍動した姿をみせた。バックに回るとサービスエースで22-18とし、その存在感を示した。その後は白垣が高さを生かしたスパイクで得点し第1セットを25-20で奪い、幸先の良いスタートをきった。
第2セット、白垣のサーブで相手を崩し、古賀のスパイク得点などで5連続得点を上げて主導権を握る。
そして、島村のサービスエースや大野のスパイク得点で8-3とし、テクニカルタイムアウトを迎えた。
その後も山口の攻めるサーブで連続を重ね11-4とリードを奪う理想の展開となった。
ミスは出たものの、要所を締めたレッドロケッツは古賀のブロックで17-10とすると攻撃の手を緩めず、18-11の場面からはレシーブで起用された岩崎がファインレシーブをみせた。また、山口に代わって入った奥山もスパイカーの特徴を生かしたトスで古賀や途中出場の柳田や小山らのスパイク得点を演出した。このセットを25-17で奪った。
続く第3セット、サーブレシーブが大きく崩れ2-8の大きなビハインドを背負ってしまう。
だが、一度崩れたリズムを修正できずに3-12とさらにリードを広げられる苦しい展開となった。ここでやっと、白垣がスパイクを決めてサーブ権はレッドロケッツへ。
ここでサーブは大野。その大野はサービスエースを奪い、チームに勢いをもたらせた。
島村、白垣のブロックなどで6連続得点を上げて10-12まで追い上げた。
しかし、2回目のテクニカルタイムアウトを迎えて12-16と苦しい状況は変わらない。古賀のスパイクで得点するも4~5点差がなかなか縮まらない。
ここで前のローテンションで連続得点を上げた大野にサーブが回ってきた。
大野の攻めのサーブがチームを鼓舞し、島村、イエリズのスパイクで18-20、19-20とその差1点まで詰め寄った。ここの頼りになる島村のブロックが飛び出して20-20と追いついた。
ここまでくれば勢いが違い、イエリズの豪華なスパイクで確実に点を奪い、小山のサービスエースで一気に24-21とした。詰め寄られはしたが、25-23でこのセットを奪い、ストレート勝ちを収めた。

皇后杯 試合一覧

2015/12/19 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2015/12/20 [準々決勝] トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2015/12/26 [準決勝] 日立リヴァーレ ○ 3-0

2015/12/27 [決勝] 久光製薬スプリングス ● 0-3