[黒鷲旗大会] vs トヨタ車体クインシーズ

NECレッドロケッツ vs トヨタ車体クインシーズ
3 25 21 1
30 28
21 25
26 24
大会名 黒鷲旗大会
日時 2016/05/02 14:00
会場 大阪市中央体育館(大阪)

comment

黒鷲旗3日目の相手はトヨタ車体クインシーズとの対戦。
第1セット、お互いに譲らず中盤まで一進一退の攻防が続く中、レッドロケッツは柳田を中心とした攻撃と大野のブロックで終盤に一歩抜けし22-19とする。
その後、リベロ鳥越と岩崎の好レシーブから近江へと攻撃をつなぎ23-20とし、途中出場の廣瀬が交代してすぐに高い打点からのスパイクを相手コートへ放ち24-21とすると最後は相手ミスを誘い25-21でこのセットを奪う。
第2セット、近江、柳田の攻撃でリズムを掴む。そこから白垣のバックアタック、柳田のサービスエースで4-2。
セット序盤、この日トスワークに冴えをみせ大活躍をみせていたセッター奥山にアクシデントが発生してしまった。しかし、交代出場の山口が落ち着いたトスワークをみせ8-6で一回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後は一進一退の攻防が続き、連続失点でリードを奪われる展開となったが近江のスパイク、白垣のブロック、そして柳田のバックスパイクで3連続得点を奪い13-12と逆転に成功する。その後、大野のブロックで16-14として2回目のテクニカルタイムを迎え終盤へ。
山口のツーアタックや白垣の豪快なスパイク等で得点を重ねたが、相手の粘り強いレシーブから連続得点を奪われ22-22の同点とされる。勝負はデュースへともつれ込んだが白垣、らのスパイカー陣が踏ん張り、最後は白垣の技ありスパイクが決まり30-28で接戦をものにした。
第3セット、息を吹き返した相手に序盤は勢いに押され3-6と主導権を握られてしまう。
ここで流れを変えようと佐川、廣瀬をコートに送り込んだ。その二人は思い切りよいプレーをみせ活躍をみせるがあと一歩及ばず、このセットは21-25と失う。
第4セット、お互いに点を奪い合い8-7でリードしてのテクニカルタイムを迎え、中盤戦へと突入する。
ここで3セット途中から出場した上野の速攻とサービスエースで11-8と一歩抜け出したレッドロケッツ。その後、大野の速攻などで得点し16-13で終盤戦を迎える。
攻撃の手を緩めることのなく得点を重ねたレッドロケッツは21-14とリードを広げ、驚異的な相手の粘りの前に23-24と逆転されるが近江、白垣が土壇場で踏ん張り最後は大野のブロックが決まり26-24でこのセットを奪い、セットカウント3-1で勝利しグループD組1位通過を果たし、この結果明日のトーナメント準々決勝は岡山シーガルズとの対戦となった。

黒鷲旗大会 試合一覧

2016/04/30 金蘭会高等学校 ○ 3-0

2016/05/01 東海大学 ○ 3-2

2016/05/02 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2016/05/03 [準々決勝] 岡山シーガルズ ○ 3-1

2016/05/04 [準決勝] PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2016/05/05 [決勝] JTマーヴェラス ● 2-3