[V・プレミアリーグ] vs 日立リヴァーレ

NECレッドロケッツ vs 日立リヴァーレ
1 17 25 3
17 25
25 16
19 25
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2016/11/06 13:00
会場 西尾市総合体育館(愛知)

comment

 昨日のPFU戦で今季初勝利を飾ったレッドロケッツは、連勝を目指して日立リヴァーレと対戦した。
 立ち上がりは近江のブロックや島村のバックアタック、中盤にはニコロバの強打やフェイント、近江や古賀のスパイクが決まったものの、相手も譲らず中盤まで一進一退。しかし、15-14から相手に押し込まれ、一気にリードを広げられてしまう。ニコロバのスパイクで意地を見せたが、流れを引き戻せないままセットを失った。
古賀の先制点で始まった第2セット、4-6とされた場面でセッターを正に代えると、大野と近江の得点ですぐに同点に追いつく。その後、何度かリードされながらも島村の移動攻撃などで食らいついたが、10-10からの連続失点で相手をさらに勢いづけてしまった。6点を追う展開の中、流れを変えるべく投入された柳田や大野が鋭いスパイクを突き刺す。しかし、点差はなかなか縮まらず、このセットも落とした。
 気持ちを切り替えて臨んだ第3セットは、鳥越らの粘り強い守備と、島村、ニコロバの活躍で、3点リードで最初のテクニカルタイムアウトを迎える。大野や島村のセンター攻撃が決まり始めると、近江も高いテクニックで相手を翻弄。山口のトスワークも冴え渡ってきた。古賀の力強いスパイク、ニコロバのサービスエースで突き放したレッドロケッツがセットを奪い返した。
 第4セット、立て直してきた日立の前に主導権を握るまでには至らなかったが、古賀のバックアタックや近江の連続得点でレッドロケッツらしいバレーができていた。流れが悪くなりかけた所で正を投入。すぐにニコロバが得点し、島村もブロックを決めて事なきを得た。だが、12-13から徐々に相手に先行され、追いかける展開を強いられる。柳田や古賀がスパイクを決めて粘りを見せたが、そのままセットを失い、セットカウント1-3で敗れた。

≫現在の順位はこちら

V・プレミアリーグ 試合一覧

2016/10/30 岡山シーガルズ ● 0-3

2016/11/05 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2016/11/06 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/11/12 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2016/11/13 久光製薬スプリングス ● 1-3

2016/11/19 JTマーヴェラス ○ 3-0

2016/11/20 東レアローズ ○ 3-0

2016/11/26 日立リヴァーレ ● 0-3

2016/11/27 JTマーヴェラス ○ 3-1

2016/12/03 久光製薬スプリングス ○ 3-2

2016/12/04 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2016/12/10 [W] 岡山シーガルズ ○ 3-1

2016/12/11 東レアローズ ○ 3-1

2017/01/08 PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2017/01/09 岡山シーガルズ ○ 3-0

2017/01/14 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2017/01/15 [W] 日立リヴァーレ ○ 3-2

2017/01/21 JTマーヴェラス ● 0-3

2017/01/22 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2017/01/28 東レアローズ ○ 3-0

2017/01/29 久光製薬スプリングス ● 1-3

2017/02/12 日立リヴァーレ ○ 3-0

2017/02/19 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2017/02/26 JTマーヴェラス ○ 3-1

2017/03/04 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2017/03/05 東レアローズ ○ 3-1

2017/03/17 久光製薬スプリングス ○ 3-2

2017/03/18 久光製薬スプリングス ○ 3-2