[V・プレミアリーグW] vs 日立リヴァーレ

NECレッドロケッツ vs 日立リヴァーレ
3 21 25 2
25 18
19 25
25 22
15 13
大会名 V・プレミアリーグ W
日時 2017/01/15 13:00(2)
会場 大田区総合体育館(東京)
☆ホームゲーム

comment

 昨日に続き、大田区でのホームゲーム。
 日立と対戦したレッドロケッツは、立ち上がりから相手に攻め込まれてしまう。近江や古賀がスパイクを決めるも、点差はなかなか縮まらない。流れを変えるべく投入されたニコロバや古賀、大野らが要所で見せ場を作り、終盤には上野の強烈なサーブから追い上げて3点差まで迫った。しかし、序盤のビハインドが大きく、最初のセットを落とした。
 第2セットは柳田の先制点の後、大野のサービスエースや近江のブロックで流れをつかむ。岩﨑がつないだボールは島村が豪快に突き刺し、古賀もキレのあるスパイクで続いた。中盤以降も大野や近江の得点、柳田のフェイントで終始、安定した試合運びを見せ、このセットを奪い返した。
 そのまま行きたい第3セットだったが、先にペースをつかんだのは日立。レッドロケッツは早い段階から追いかける展開を強いられ、ニコロバ、近江、古賀がスパイクを決めても、主導権を握るまでには至らない。島村のブロックや大野の速攻で食らいついたものの、セットを落とした。
 後がなくなった第4セット、スタートから入ったニコロバや島村の活躍で好発進し、大野と古賀が絶妙なフェイントを決めて一歩抜け出す。鳥越らの粘り強い守備からニコロバを中心に得点を重ね、14-11から島村のブロードや古賀の強打などで5連続得点。そこから相手の驚異的な追い上げに遭い、同点とされてしまったが、逆転は許さず、最後はニコロバの連続得点で逃げ切った。
 ニコロバの先制から始まった最終セット、島村の速攻も決まり、なんとか先行したいレッドロケッツだったが、一瞬の隙を突かれて連続失点を喫してしまう。柳田のスパイクで必死に追いかけ、ニコロバの連続サービスエースで同点とし、島村のブロックでついに逆転に成功。そのまま相手を振り切り、大接戦となった試合を制した。

≫現在の順位はこちら

V・プレミアリーグ 試合一覧

2016/10/30 岡山シーガルズ ● 0-3

2016/11/05 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2016/11/06 日立リヴァーレ ● 1-3

2016/11/12 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2016/11/13 久光製薬スプリングス ● 1-3

2016/11/19 JTマーヴェラス ○ 3-0

2016/11/20 東レアローズ ○ 3-0

2016/11/26 日立リヴァーレ ● 0-3

2016/11/27 JTマーヴェラス ○ 3-1

2016/12/03 久光製薬スプリングス ○ 3-2

2016/12/04 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2016/12/10 [W] 岡山シーガルズ ○ 3-1

2016/12/11 東レアローズ ○ 3-1

2017/01/08 PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2017/01/09 岡山シーガルズ ○ 3-0

2017/01/14 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-0

2017/01/15 [W] 日立リヴァーレ ○ 3-2

2017/01/21 JTマーヴェラス ● 0-3

2017/01/22 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2017/01/28 東レアローズ ○ 3-0

2017/01/29 久光製薬スプリングス ● 1-3

2017/02/12 日立リヴァーレ ○ 3-0

2017/02/19 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2017/02/26 JTマーヴェラス ○ 3-1

2017/03/04 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2017/03/05 東レアローズ ○ 3-1

2017/03/17 久光製薬スプリングス ○ 3-2

2017/03/18 久光製薬スプリングス ○ 3-2