[FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ予選ラウンド] vs ボレロ

NECレッドロケッツ vs ボレロ
0 23 25 3
17 25
24 26
大会名 FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ 予選ラウンド
日時 2017/05/10 15:30
会場 神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸

comment

初めての世界クラブ選手権に臨んだレッドロケッツであったが、相手の高さとパワーに圧倒され、世界との差をまじまじと見せられた初戦。
一矢報いたい大会2日目はスイスの強豪、ボレロとの対戦となった。
初戦とオーダーをそのままに臨んだ序盤、昨日崩されたサーブレシーブを近江、鳥越がきっちり返し、山口からのトスにスパイカー陣がそれに応えた。中盤には島村のブロックなどで16-14とリードを奪う。その後、逆転を喫して点差を離されてしまう。終盤、20-23からサーバーで起用された荒谷が相手を崩し23-23に追いついたが、23-25で第1セットを奪われる。
第2セット、古賀の連続スパイク得点で2-0と幸先良いスタートをきった。
その後、粘りあるレッドロケッツらしいバレーで接戦を繰り広げるが、相手の高さとパワーの前に徐々に引き離されてしまう。
古賀のスパイクで反撃をするもののこのセットを17-25で奪われ、第3セットへ。
大野の速攻でリズムを掴み、近江も続き4-2と序盤は良いゲーム展開となった。
その後、両者の攻防が続き8-7で1回目のテクニカルタイムアウトとなった。
中盤、セッター山口に代わり正が入り、小気味よいトスワークでスパイカー陣を牽引し、12-11とリードを奪う。
ピンチを招くも島村のブロックでしのぎ、16-14とリードし2回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。
近江の絶妙なフェイントとこの日ブロックが冴える島村の活躍で20-14とリードを奪った。
20-18と追いつかれたが、古賀のスパイクで21-18。
逃げ切りを図りたいところだったが、相手ブロックを含むディフェンスの前に防戦が続き、21-22と逆転を許してしまう。
近江のスーパーレシーブから古賀のスパイクで22-22。大野の速攻で23-23、柳田のバックアタックで24-24とするも最後は高いブロックに阻まれ、24-26で接戦となったこのセットを奪われストレート負けを喫した。

FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ 試合一覧

2017/05/09 [予選ラウンド] オザスコ ● 0-3

2017/05/10 [予選ラウンド] ボレロ ● 0-3

2017/05/12 [予選ラウンド] エジザジュバシュ ● 0-3

2017/05/13 [セミファイナルラウンド] ディナモ ● 1-3

2017/05/14 [7-8位決定戦] 久光製薬スプリングス ○ 3-0