[V・プレミアリーグ] vs デンソーエアリービーズ

NECレッドロケッツ vs デンソーエアリービーズ
2 25 19 3
24 26
23 25
25 21
10 15
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2017/11/12 15:00
会場 小瀬スポーツ公園体育館

comment

昨日の敗戦から気持ちを切り替え臨んだデンソー戦。
1セット目序盤、大野のサーブで攻め相手を崩し、粘りのレシーブから柳田の気迫のこもったスパイクで点を重ね8-4とリードする。塚田のトスワークから上野や大野のセンター線が決め、岩﨑や柳田の好レシーブから古賀が決め、13-8と点差を広げる。その後、自分たちのミスから1点差まで追いつかれるも、集中力を切らさずブロックやスパイクポイントを重ね25-19で先取する。
2セット目の出だしに長いラリーが続き、柳田が決めきるもその後は相手のコンビに翻弄され5-8とリードを奪われる展開に。
上野の速攻から少しずつリズムを掴み、着実に点を重ね柳田のスパイクで逆点、古賀の3連続サービスポイントで15-10とリードする。しかし、相手の反撃もあり20-20の同点に追いつかれ、最後までどちらに転ぶかわからない展開となったが、24-26とこのセットを落としてしまう。
3セット目は相手のサーブに攻められ出だしからなかなかリズムを掴めず、流れを変えようと大野に変わり島村を入れるが、離された点差はなかなか縮められず、上野の速攻やサーブで16-18の2点差まで追いついた。島村も意地のスパイクでチームの牽引した。そして、塚田のサービスエースでついに19-19の同点とした。終盤、一度はリードを奪うも攻めきれずに23-25でセットを落とす。
4セット目に入り、古賀のライトからスパイクで先制すると、サーブで攻めブロックで相手の攻撃を止める理想的な展開に持ち込み8-1とリード。塚田の強気なトスワークからセンター線の速攻に古賀がポイントを重ねる。途中相手のサーブに攻められ点差を縮められる最後は押切り、決着は最終セットへ。
5セット目、お互い譲らない攻防が続く中、古賀がレフトから決め8-7でリードをし、コートチェンジ。ここからミスが出てしまい、相手に流れが傾き逆点を喫する。山内の力強いスパイクで反撃するも10-15で最終セットを落とし、悔しい敗戦となった。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2017/10/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/10/28 上尾メディックス ○ 3-0

2017/10/29 日立リヴァーレ ● 1-3

2017/11/04 JTマーヴェラス ○ 3-1

2017/11/05 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2017/11/11 東レアローズ ● 0-3

2017/11/12 デンソーエアリービーズ ● 2-3

2017/11/18 [W] 上尾メディックス ○ 3-0

2017/11/19 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/11/25 JTマーヴェラス -

2017/11/26 トヨタ車体クインシーズ -

2017/12/02 東レアローズ -

2017/12/03 日立リヴァーレ -

2017/12/09 デンソーエアリービーズ -

2017/12/10 日立リヴァーレ -

2018/01/06 デンソーエアリービーズ -

2018/01/07 久光製薬スプリングス -

2018/01/20 東レアローズ -

2018/01/21 [W] 上尾メディックス -

2018/01/27 トヨタ車体クインシーズ -

2018/01/28 JTマーヴェラス -