[V・プレミアリーグ] vs 日立リヴァーレ

NECレッドロケッツ vs 日立リヴァーレ
3 32 30 2
20 25
26 28
25 14
15 9
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2017/12/10 13:08
会場 深谷市総合体育館(ビッグタートル)

comment

リーグ戦も後半に入り3レグ初戦は日立リブァーレとの対戦。
1セット目出だし相手にサービスエースを連続で取られ、古賀のバックアタックや上野の速攻で食らいつくも序盤はリードされる。しかし、大野の好レシーブから廣瀬のブロックへと結びつき、10-10同点に追いつく。古賀や廣瀬の長いコースを狙ったスパイクも決まり、廣瀬のサービスエースが出るなど16-14と中盤リードする。しかし、相手のサーブに崩され逆転を許してしまう。岩崎を中心に粘りを見せ反撃するも点差が縮まらず19-22でNECがタイムアウト。タイムアウト後は諦めない強気な気持ちがプレーにも出て、上野や大野の速攻、柳田のサービスエースで23-23同点とする。そこからお互いの攻防が続き、交代で入った家高や荒谷のサーブで相手を崩し、最後は32-30で接戦を奪い取った。
2セット目、出だしリードしていたが自分たちのミスから相手にリズムを与えてしまい8-13とリードされる。その流れを変えようと柳田や大野の気迫あるスパイクで2点差まで追いつく。上野や古賀のスパイクも決まりブロックや繋ぎで粘りを見せ18-18同点とするが、相手の攻撃を止められず、立て直すことができないまま20-25でセットを落とす。
3セット目スタートは柳田のスパイクや荒谷のブロックアウトなどで好調な滑り出しをみせた。そして、それに続けと大野や古賀もスパイクを決め8-6とリードする。だが、相手のサーブに崩され思うような展開ができず8-11と逆転され一度は同点に追いつくも流れを掴めず13-17まで離される。ここで流れを変えようと上野に代わり島村が入り、古賀がスパイクやブロックで連続ポイントを奪い、荒谷もライトから連続スパイクを決め21-21と同点に追いついた。デュースまで持ち込むことは出来たが接戦を取りきれずこのセットを26-28と落とす。
4セット目、序盤からレッドロケッツペースで試合が進み、古賀のスパイクや塚田と大野の息の合ったコンビも決まり16-11とリードする。勢いは止まらずコートに入った小島の好レシーブから上野が決め、最後は古賀の連続ポイント、柳田のサービスエースで25-14。勝負はフルセットへ。
5セット目、ファーストポイントは日立が取るも、荒谷がライトから鋭いスパイクで取り返す。その後も点の取り合いとなるが、古賀や大野の連続ブロックポイントが出るなど9-5とリードする。勢いそのままに交代で入った家高がサーブで相手を崩し14-7とマッチポイントを奪い、最後は柳田が苦しい状態から決めきり15-9と苦しみながらも勝利した。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2017/10/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/10/28 上尾メディックス ○ 3-0

2017/10/29 日立リヴァーレ ● 1-3

2017/11/04 JTマーヴェラス ○ 3-1

2017/11/05 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2017/11/11 東レアローズ ● 0-3

2017/11/12 デンソーエアリービーズ ● 2-3

2017/11/18 [W] 上尾メディックス ○ 3-0

2017/11/19 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/11/25 JTマーヴェラス ● 1-3

2017/11/26 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2017/12/02 東レアローズ ○ 3-0

2017/12/03 日立リヴァーレ ○ 3-1

2017/12/09 デンソーエアリービーズ ● 1-3

2017/12/10 日立リヴァーレ ○ 3-2

2018/01/06 デンソーエアリービーズ -

2018/01/07 久光製薬スプリングス -

2018/01/20 東レアローズ -

2018/01/21 [W] 上尾メディックス -

2018/01/27 トヨタ車体クインシーズ -

2018/01/28 JTマーヴェラス -