[V・プレミアリーグ] vs JTマーヴェラス

NECレッドロケッツ vs JTマーヴェラス
3 25 23 2
19 25
26 28
25 22
15 11
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2018/01/28 13:08
会場 大阪市中央体育館

comment

 レギュラーラウンド最終戦となるJT戦。レッドロケッツは序盤、古賀のバックアタックや島村のブロック、柳田のスパイクで得点を重ねた。6-6から古賀の3連続を含む、6連続得点で一気に抜け出し、5点リードで2回目のテクニカルタイムアウト。その後も荒谷や島村のスパイクや大野の速攻、守備固めで入った小島の活躍などで、粘るJTを振り切り、第1セットを先取した。
 荒谷のバックアタックと山口のサービスエースで3点を先制した第2セット。島村も移動攻撃を決めたが、最初のテクニカルタイムアウト直後の連続失点で逆転を許し、4点をリードされてしまう。大野、柳田、荒谷の得点で1点差に迫りながらも再び走られ、古賀のバックアタックや島村のブロードで食らいつくも、このセットを落とした。
 第3セットは序盤から劣勢を強いられた。柳田や山内のスパイクで追いすがっては逃げられ、島村と古賀がスパイクを決めると再び引き離される。それでも岩崎の懸命の守備でラリーをものにし、柳田や山内らの得点で粘りを見せた。終盤には大野と島村の速攻の後、島村のブロックが炸裂し、ついに同点に。デュースに入ると、激しいラリーの応酬となったが、あと一歩のところでセットを奪うことはできなかった。
 第4セットは山口のサーブが走り、柳田のバックアタックや上野の速攻などで幸先よく5点を先取。セット半ばまでに1点差に追い上げられたものの、上野の速攻と古賀のブロックで再び引き離す。島村はブロードや速攻を確実に決め、荒谷はサービスエースで続いた。終盤には上野が存在感を発揮し、山内のスパイクも決まってレッドロケッツがセットタイに持ち込んだ。
 最終第5セットは柳田が強打やフェイントでチームを勢いづけた。古賀もブロックやスパイクなど攻守で活躍。徐々にリードを広げると、最後は柳田がきっちり締めくくり、大接戦を制した。
 この勝利でレギュラーラウンドを5位で終えたレッドロケッツは、来月10日から行われるファイナルラウンドに挑む。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2017/10/21 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/10/28 上尾メディックス ○ 3-0

2017/10/29 日立リヴァーレ ● 1-3

2017/11/04 JTマーヴェラス ○ 3-1

2017/11/05 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2017/11/11 東レアローズ ● 0-3

2017/11/12 デンソーエアリービーズ ● 2-3

2017/11/18 [W] 上尾メディックス ○ 3-0

2017/11/19 久光製薬スプリングス ● 0-3

2017/11/25 JTマーヴェラス ● 1-3

2017/11/26 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2017/12/02 東レアローズ ○ 3-0

2017/12/03 日立リヴァーレ ○ 3-1

2017/12/09 デンソーエアリービーズ ● 1-3

2017/12/10 日立リヴァーレ ○ 3-2

2018/01/06 デンソーエアリービーズ ● 2-3

2018/01/07 久光製薬スプリングス ● 0-3

2018/01/20 東レアローズ ○ 3-0

2018/01/21 [W] 上尾メディックス ● 2-3

2018/01/27 トヨタ車体クインシーズ ● 1-3

2018/01/28 JTマーヴェラス ○ 3-2

2018/02/10 デンソーエアリービーズ ● 2-3

2018/02/17 久光製薬スプリングス ● 1-3

2018/02/18 JTマーヴェラス ● 1-3

2018/02/24 [W] トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2018/02/25 [W] 東レアローズ ○ 3-0