[V.LEAGUE] vs 東レアローズ

NECレッドロケッツ vs 東レアローズ
2 25 23 3
15 25
25 14
16 25
9 15
大会名 V.LEAGUE
日時 2018/11/24 13:00
会場 大田区総合体育館

comment

 今季初のホームゲームとなる東レとの交流戦。
 レッドロケッツは序盤から高い集中力でラリーをものにし、廣瀬や古賀のスパイクで得点を重ねていく。先行しながらも中盤に逆転を許したが、上野のブロックやブロード攻撃で必死に食らいついた。15-16からの3連続失点で苦しい展開になったものの、廣瀬や山内の得点で土壇場の終盤に再逆転。第1セットを先取した。
 第2セットも廣瀬や古賀の攻撃を軸に、良いリズムをつかんだ。廣瀬はサービスエースやバックアタックで存在感を発揮し、上野や大野も速い攻撃で見せ場を作った。だが、12-11の連続失点で一気に走られてしまう。流れを取り戻すべく山口と柳田が入ったが、相手の勢いを止めるまでには至らなかった。
 第3セットは序盤から激しい点の取り合いに。レッドロケッツは廣瀬のスパイク、古賀のサービスエース、山内のブロックで得点を重ねた。中盤も岩﨑がきれいに上げたレシーブを古賀がきっちりと打ち切り、大野はブロードを、上野は絶妙なフェイントを決めた。4点リードで迎えた2回目のテクニカルタイムアウト以降も、塚田や古賀のサービスエース、廣瀬や山内のスパイクで相手を突き放したレッドロケッツがこのセットをものにした。
 いきなり3点を先取され、立ち上がりから2-8と押し込まれた第4セット。山内のフェイントや廣瀬のスパイク、大野のサービスエースで追いかけるも、思うように点差が縮まらない。相手の勢いが増した中盤からはむしろリードを広げられ、このセットを落とした。
 先行していきたい最終の第5セットだったが、3-3から先に東レに走られた。廣瀬のスパイクや塚田のツーアタック、上野の速攻で粘ったレッドロケッツだが、最後は相手の勢いがまさり、悔しい敗戦となった。

V.LEAGUE 試合一覧

2018/11/03 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2018/11/10 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2018/11/11 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2018/11/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-0

2018/11/18 PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2018/11/24 東レアローズ ● 2-3

2018/11/25 久光製薬スプリングス ● 0-3

2018/12/01 JTマーヴェラス ● 2-3

2018/12/02 岡山シーガルズ ○ 3-1

2018/12/08 埼玉上尾メディックス ● 0-3

2018/12/09 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2019/01/12 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2019/01/20 埼玉上尾メディックス ● 2-3

2019/01/26 日立リヴァーレ ○ 3-2

2019/01/27 久光製薬スプリングス ● 2-3

2019/02/02 JTマーヴェラス ○ 3-2

2019/02/03 東レアローズ ○ 3-2

2019/02/09 日立リヴァーレ ○ 3-0

2019/02/16 岡山シーガルズ ● 2-3

2019/02/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-1

2019/03/02 東レアローズ ● 2-3

2019/03/09 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2019/03/10 JTマーヴェラス ● 1-3

2019/03/16 デンソーエアリービーズ ● 0-3

2019/03/17 日立リヴァーレ ○ 3-2

2019/03/23 埼玉上尾メディックス -

2019/03/24 久光製薬スプリングス -