[V.LEAGUE] vs 東レアローズ

NECレッドロケッツ vs 東レアローズ
3 25 23 2
25 23
16 25
23 25
15 12
大会名 V.LEAGUE
日時 2019/02/03 12:00
会場 神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)

comment

昨日はフルセットの激闘に勝利し、今日も勝利しファイナルラウンドに向け順位を上げたい一戦。

1セット目、山口のトスから古賀や柳田のスパイクが決まり、山内、古賀のサーブで相手を崩しリード。リリーフサーブとして入った上野が好レシーブを見せ古賀がストレートに決め20-13と大きくリードするも、終盤に相手の強いサーブに崩され1点差まで追い付かれるも25-23で逃げ切る。

2セット目、出だしからお互い譲らない展開が続くが、中盤柳田のスパイクで連続得点すると、山口と島村のコンビも綺麗に決まりリードを奪う。また、レシーブで入った小島の好レシーブから山内が決めリズムを掴み優位にゲームを進めた。しかし、24-18のセットポイントの場面から相手に5連続得点を許すも最後は相手ミスに助けられ25-23でセットを連取した。

3セット目、序盤から相手サーブに崩されリードされる。流れを変えるようと山内に代わり荒谷を起用。その荒谷がすぐさまスパイクを決め、終盤はラーマットに代わり大野が入るも点差を縮めることができず、このセットを16-25で奪われる。

4セット目、荒谷、大野をそのままスタートから起用した。その大野は速攻を決め、島村も続けとばかりにスパイクを決めリードした。だが、リズムを相手サーブにより崩され逆転を喫する。岩﨑を中心に粘りをみせ、苦しい体勢からアタッカー陣が決め終盤リードを奪い返すも、相手の外国人選手をとめる事ができず23-25で奪われ、勝負はフルセットへと突入。

5セット目、全員で繋いだボールを柳田が相手コートへ次々とスパイクを叩き込み、古賀のサーブポイント、荒谷のスパイクで序盤の主導権を握る。厳しい試合展開ではあったが、大野のブロックやブロードも決まり、終始リードを保ち、最後は柳田のスパイクが決まり15-12と勝利した。

たくさんの応援が力となり、2日連続のフルセットを勝ちきる事ができました。本当にありがとうございました。

来週のとどろきアリーナでのホーム最終戦もよろしくお願いいたします。

V.LEAGUE 試合一覧

2018/11/03 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2018/11/10 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2018/11/11 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2018/11/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-0

2018/11/18 PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2018/11/24 東レアローズ ● 2-3

2018/11/25 久光製薬スプリングス ● 0-3

2018/12/01 JTマーヴェラス ● 2-3

2018/12/02 岡山シーガルズ ○ 3-1

2018/12/08 埼玉上尾メディックス ● 0-3

2018/12/09 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2019/01/12 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2019/01/20 埼玉上尾メディックス ● 2-3

2019/01/26 日立リヴァーレ ○ 3-2

2019/01/27 久光製薬スプリングス ● 2-3

2019/02/02 JTマーヴェラス ○ 3-2

2019/02/03 東レアローズ ○ 3-2

2019/02/09 日立リヴァーレ ○ 3-0

2019/02/16 岡山シーガルズ ● 2-3

2019/02/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-1