[V.LEAGUE] vs 日立リヴァーレ

NECレッドロケッツ vs 日立リヴァーレ
3 23 25 2
18 25
25 15
25 12
15 11
大会名 V.LEAGUE
日時 2019/03/17 11:00
会場 ◇ファイナル8◇深谷市総合体育館(深谷ビッグタートル)

comment

1セット目出だしから譲らない展開のなか中盤抜け出したのは日立。しかし、12-16から柳田の鋭いスパイクが決まり、荒谷のバックアタック、大野の速攻、山口のサービスエースで一点差まで追い付き、その後19-18と逆転に成功。だが、サーブで崩され23-25で取られる。

2セット目出だしリードされるが、山口の気迫のサービスエースや、大野のブロックで同点に追い付くも、あと一歩が攻めきれず、相手のサーブに崩されリズムを掴めずに18-25で取られる。

このままでは終われない。荒谷に代わり廣瀬が3セット目スタートで入る。
その廣瀬がサービスエースを奪い勢いにのると、古賀を中心にスパイクで得点を重ねリード。終盤は古賀のサーブが走り大野と山口の速攻や古賀とのコンビも決まり、岩﨑の好レシーブからの得点で突き放し、最後はピンチサーブで入った峯村が相手を崩し島村がダイレクトを決め25-15で取る。

4セット目、柳田のスパイクで得点。廣瀬のサービスエースと続き、島村がブロードで連続得点しリズムを掴み10-4でリード。勢いは止まらず山口や古賀のサーブで攻め、大野が苦しい体勢から決めブロックでも得点。岩﨑の好レシーブから廣瀬がレフトから決め25-12で取り勝負はフルセットへと突入。

5セット目、お互い譲らない展開から、古賀のサービスエースや廣瀬のスパイクで9-6リード。終盤点差を縮められるも、最後まで集中力を切らさず全員でボールに食らいつき、古賀のスパイク、ブロックと連続得点で15-11とファイナル8を苦しい戦いの末に初勝利を挙げた。

V.LEAGUE 試合一覧

2018/11/03 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2018/11/10 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2018/11/11 PFUブルーキャッツ ○ 3-0

2018/11/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-0

2018/11/18 PFUブルーキャッツ ○ 3-1

2018/11/24 東レアローズ ● 2-3

2018/11/25 久光製薬スプリングス ● 0-3

2018/12/01 JTマーヴェラス ● 2-3

2018/12/02 岡山シーガルズ ○ 3-1

2018/12/08 埼玉上尾メディックス ● 0-3

2018/12/09 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2019/01/12 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2019/01/20 埼玉上尾メディックス ● 2-3

2019/01/26 日立リヴァーレ ○ 3-2

2019/01/27 久光製薬スプリングス ● 2-3

2019/02/02 JTマーヴェラス ○ 3-2

2019/02/03 東レアローズ ○ 3-2

2019/02/09 日立リヴァーレ ○ 3-0

2019/02/16 岡山シーガルズ ● 2-3

2019/02/17 KUROBEアクアフェアリーズ ○ 3-1

2019/03/02 東レアローズ ● 2-3

2019/03/09 トヨタ車体クインシーズ ● 2-3

2019/03/10 JTマーヴェラス ● 1-3

2019/03/16 デンソーエアリービーズ ● 0-3

2019/03/17 日立リヴァーレ ○ 3-2

2019/03/23 埼玉上尾メディックス -

2019/03/24 久光製薬スプリングス -