[VTVカップ] vs 北朝鮮(DPRK)

NECレッドロケッツ vs 北朝鮮(DPRK)
3 25 27 2
19 25
25 23
25 21
16 14
大会名 VTVカップ
日時 2019/08/06 21:00
会場 Quang Nam Provincial Gymnasium(ベトナム)

comment

第1セット、塚田のサーブでゲームが始まると山内のブロード攻撃等で4-0と好スタートを切る。荒谷のブロード攻撃や柳田のブロックアウトで得点を重ね16-10とリードを広げる。しかし終盤、相手の攻めのサーブに苦しめられ25-27と逆転でセットを奪われる。
第2セット、相手のリズムを変えることができず7-15と引き離される。ここで塚田に代わってコートに入ったセッター澤田が上野のクイックを使いリズムを変えていく。しかし相手セッターの速いトス回しに15-22と劣勢の戦いを
強いられる。その後、荒谷のサーブからブレイクし、18-23と追い上げるも19-25でセットを落とす。
後がない第3セット。序盤からシーソーゲームの展開となる。上野、荒谷のセンター線の攻撃や吉田のブロックアウトで17-14とリードする。終盤に入り、要所で荒谷のブロード攻撃が決まりリードすると最後は山内の相手のブロックを弾き飛ばすスパイクが決まり25-23とセットを取り返す。
第4セット、相手の粘り強いブロックディフェンスに3-8と苦しい展開となる。山内、上野のブロックポイントで流れを変えると小島のナイスレシーブから柳田が決め、相手のミスにも助けられ13-13と追いつく。澤田の強気のツーも決まり19-17とリード。吉田のストレートのスパイクが3本連続で決まり、上野が1枚で相手のバックアタックを止め、最後も上野のAクイックが決まり25-21でセットを奪う。
最終セット、このセットスタートで入った塚田のトス回しから4-0とリードするも相手エースにポイントを重ねられ5-5。さらに相手のブロックポイントで6-8とリードされコートチェンジ。粘る北朝鮮に吉田の緩急を使った攻撃や山内のスパイクで10-10と同点とし、柳田のブロックが決まり12-11。だが、相手エースに苦しめられ13-14と逆転を喫するも柳田が意地のスパイクをクロスに打ち込みドュースへ持ち込む。最後は相手のミスにも助けられ、大接戦の末に16-14でこのセットを奪い勝利した。この結果、Bグループ1位通過で順位決定戦へと駒を進めた。

VTVカップ 試合一覧

2019/08/03 オーストラリア(代表) ○ 3-0

2019/08/05 中国(FUJIAN) ○ 3-0

2019/08/06 北朝鮮(DPRK) ○ 3-2

2019/08/09 中国(FUJIAN) ○ 3-0

2019/08/10 ベトナム ○ 3-1