[V・プレミアリーグ] vs 岡山シーガルズ

NECレッドロケッツ vs 岡山シーガルズ
3 25 16 2
21 25
25 14
22 25
15 8
大会名 V・プレミアリーグ
日時 2011/02/26 14:00(2)
会場 川崎市とどろきアリーナ(神奈川)

comment

先週、東京大会にて2連敗したレッドロケッツは気持ちを切り替え、ホームゲーム川崎大会にて岡山シーガルズと対戦した。第1セットは序盤から一進一退の攻防が続くが7対8とリードされた状態から内田のスパイクやガライのバックアタック、内藤の速攻など5連続得点で抜け出し12対8と逆転に成功する。その後も内田の連続サービスエースなどで得点を重ね危なげなく第1セットを奪う。第2セットも一進一退の攻防が続くがセット中盤抜け出したのはシーガルズだった。相手、森のブロックやフェイントを織り交ぜた攻撃に対応できず15対19とリードされてしまう。そのまま追いつくことができずに第2セットを奪われてしまう。気持ちを切り替えて臨んだ第3セットはガライのバックアタックで先取点を奪うとその後もガライや内田のスパイクなどで16対9と大差でリードする。その後もガライのスパイクやサービスエースなどで連続得点を重ね、最後もガライがスパイクを決めて第3セット
を奪い返す。このまま一気に勝負を着けたかった第4セットだったが、序盤からミスを出してしまい勢いに乗ることができずに13対16とリードされたままテクニカルタイムアウトを迎える。その後も相手エース、福田の攻撃を止めることができずにリードされる。終盤、相手のミスから杉山の連続ブロックや内藤のサービスエースなどで応戦するが、追いつくことができずに第4セットを奪われてしまう。勝負のファイナルセットはガライのブロックで幸先良く得点すると、松浦寛のサービスエースや杉山のブロックなどで5対2とリードする。しかし中盤、ガライのサーブミスから流れが悪くなり7対6と1点差まで追い詰められるがガライのバックアタックで流れを切ると内藤のクイックや相手のミスなどで10対8とリードする。そこから内田のスパイクや松浦寛のブロックなどで連続得点を重ね、最後は内田がサービスエースを決め勝利した。

V・プレミアリーグ 試合一覧

2010/11/27 岡山シーガルズ ○ 3-0

2010/11/28 パイオニアレッドウィングス ○ 3-0

2010/12/04 久光製薬スプリングス ○ 3-1

2010/12/05 JTマーヴェラス ● 0-3

2010/12/11 デンソーエアリービーズ ● 1-3

2010/12/12 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-2

2010/12/25 東レアローズ ● 2-3

2010/12/26 岡山シーガルズ ● 0-3

2011/01/08 JTマーヴェラス ● 0-3

2011/01/09 パイオニアレッドウィングス ○ 3-0

2011/01/15 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2011/01/16 東レアローズ ○ 3-1

2011/01/22 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2011/01/23 久光製薬スプリングス ● 1-3

2011/01/29 岡山シーガルズ ○ 3-1

2011/01/30 久光製薬スプリングス ○ 3-0

2011/02/05 JTマーヴェラス ● 1-3

2011/02/06 東レアローズ ○ 3-2

2011/02/12 トヨタ車体クインシーズ ● 0-3

2011/02/13 デンソーエアリービーズ ○ 3-0

2011/02/19 パイオニアレッドウィングス ● 2-3

2011/02/20 東レアローズ ● 0-3

2011/02/26 岡山シーガルズ ○ 3-2

2011/02/27 トヨタ車体クインシーズ ○ 3-1

2011/03/05 久光製薬スプリングス ● 1-3

2011/03/06 デンソーエアリービーズ ○ 3-1