ヒストリー

全日本選出選手

創部~
日本リーグ初優勝
(1978年~1987年)

1-1.jpg1-2.jpg1-3.jpg1-4.jpg1-5.jpg
※クリックで拡大

 

1978年(昭和53年)

活動開始、第10回実業団リーグ優勝

監督:大沢 長蔵

キャプテン:千葉 泰子

 

ヤシカバレーボール部の移籍によりNEC女子バレーボール部が創部

 

1979年(昭和54年)

第13回日本リーグ3位
第28回黒鷲旗ベスト8

監督:大沢 長蔵

キャプテン:千葉 泰子

 

第10回実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)で優勝、入替戦で勝利し日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)入りを果たし、初出場の第13回日本リーグで3位となる

 

1980年(昭和55年)

第14回日本リーグ4位
第29回黒鷲旗ベスト8

監督:大沢 長蔵

キャプテン:千葉 泰子

 

ボイコット問題によりモスクワ五輪に不参加となる(吉永美和子)
中南米遠征実施(9/1~10/11 アメリカ、メキシコ、ペルー、ブラジル、アルゼンチン計五ヶ国)

千葉 泰子
吉永 美保子
滑川 玉江

1981年(昭和56年)

第15回日本リーグ5位
第30回黒鷲旗3位

監督:大沢 長蔵

キャプテン:若井 富子

 

 

1982年(昭和57年)

第16回日本リーグ6位
第31回黒鷲旗2回戦敗退

監督:大沢 長蔵

キャプテン:江頭 豊子

 

 

1983年(昭和58年)

第17回日本リーグ6位
第32回黒鷲旗2回戦敗退

監督:大沢 長蔵

キャプテン:江頭 豊子

 

 

1984年(昭和59年)

第18回日本リーグ3位
第33回黒鷲旗1回戦敗退

監督:大沢 長蔵 助監督:小池 義正

キャプテン:田中 千代美

 

 

1985年(昭和60年)

第19回日本リーグ3位
第34回黒鷲旗準優勝

総監督:大沢 長蔵 監督:葛和 伸元

キャプテン:田中 千代美

 

初の黒鷲旗準優勝 大澤長蔵氏監督退任 葛和伸元氏監督就任

 

1986年(昭和61年)

第20回日本リーグ準優勝
第35回黒鷲旗3位

総監督:大沢 長蔵 監督:葛和 伸元

キャプテン:山下 美弥子

 

初の日本リーグ準優勝

 

1987年(昭和62年)

第21回日本リーグ優勝
第36回黒鷲旗準優勝

総監督:大沢 長蔵 監督:葛和 伸元

キャプテン:山下 美弥子

 

葛和監督の下、拾ってつなぐバレーが結実し、初の日本リーグ優勝

 

Vリーグ初優勝
(1988年~1996年)

2-1.jpg2-2.jpg2-3.jpg2-4.jpg2-5.jpg
2-6.jpg
※クリックで拡大

 

1988年(昭和63年)

第22回日本リーグ4位
第37回黒鷲旗3位

総監督:大沢 長蔵 監督:葛和 伸元

キャプテン:山下 美弥子

 

ソウル五輪に佐藤伊知子、杉山明美、山下美弥子の3名が参加

佐藤 伊知子
杉山 明美
山下 美弥子

1989年(平成元年)

第23回日本リーグ3位
第38回黒鷲旗ベスト8

監督:葛和 伸元

キャプテン:山下 美弥子

佐藤 伊知子
杉山 明美

1990年(平成2年)

第24回日本リーグ3位
第39回黒鷲旗準優勝

監督:葛和 伸元

キャプテン:佐藤 伊知子

佐藤 伊知子

1991年(平成3年)

第25回日本リーグ7位
第40回黒鷲旗3位

監督:葛和 伸元

キャプテン:佐藤 伊知子

佐藤 伊知子
杉山 明美

1992年(平成4年)

第26回日本リーグ4位
第41回黒鷲旗ベスト8

監督:葛和 伸元

キャプテン:矢野 美紀

 

バルセロナ五輪に佐藤伊知子が参加

佐藤 伊知子
大貫 美奈子

1993年(平成5年)

第27回日本リーグ4位
第42回黒鷲旗ベスト8

監督:葛和 伸元

キャプテン:津雲 博子

大貫 美奈子

1994年(平成6年)

第1回Vリーグ5位
第43回黒鷲旗3位

監督:葛和 伸元

キャプテン:津雲 博子

日本リーグからVリーグに移行

大貫 美奈子

1995年(平成7年)

第2回Vリーグ準優勝
第44回黒鷲旗準優勝

監督:葛和 伸元

キャプテン:津雲 博子

 

1996年(平成8年)

第3回Vリーグ優勝
第45回黒鷲旗準優勝

監督:葛和 伸元

キャプテン:津雲 博子

Vリーグとなってから初の、日本リーグから通算2回目となる優勝
アトランタ五輪に大懸郁久美、星野賀代の2名が参加

星野 賀代
大懸 郁久美

黄金期
(1997年~2004年)

3-1.jpg3-2.jpg3-3.jpg3-8.jpg3-4.jpg
3-5.jpg3-9.jpg3-6.jpg3-7.jpg
※クリックで拡大

 

1997年(平成9年)

第4回Vリーグ準優勝
第46回黒鷲旗優勝

監督:吉川 正博

キャプテン:星野 賀代

 

葛和監督の全日本女子監督就任に伴い、吉川正博コーチが監督就任
黒鷲旗において初優勝

津雲 博子
大貫 美奈子
星野 賀代
大懸 郁久美
竹下 佳江

1998年(平成10年)

第5回Vリーグ3位
第47回黒鷲旗3位

監督:吉川 正博

キャプテン:星野 賀代

津雲 博子
大貫 美奈子
大懸 郁久美

1999年(平成11年)

第6回Vリーグ優勝
第48回黒鷲旗準優勝

監督:吉川 正博

キャプテン:大懸 郁久美

サイドアウト制から現在のラリーポイント制へ移行
レギュラー・決勝ラウンドを通じて21戦全勝し、Vリーグ史上初の全勝優勝(通算3回目の優勝)

津雲 博子
大貫 美奈子
大懸 郁久美

2000年(平成12年)

第7回Vリーグ3位
第49回黒鷲旗ベスト8

監督:吉川 正博

キャプテン:大懸 郁久美

第6回から続く33連勝の記録を達成

津雲 博子
大貫 美奈子
大懸 郁久美
竹下 佳江
高橋 みゆき
杉山 祥子

2001年(平成13年)

第8回Vリーグ準優勝
第50回黒鷲旗優勝

監督:葛和 伸元

キャプテン:竹下 佳江

吉川監督の全日本女子監督就任のため、葛和監督が復帰
黒鷲旗にて2回目の優勝

大貫 美奈子
田中 姿子
竹下 佳江
高橋 みゆき
杉山 祥子
大友 愛

2002年(平成14年)

第9回Vリーグ優勝
第51回黒鷲旗3位

監督:葛和 伸元

キャプテン:高橋 みゆき

全日本に選出された選手達が持ち味を発揮し、Vリーグ3回目の優勝(通算4回目の優勝)

大貫 美奈子
田中 姿子
高橋 みゆき
杉山 祥子
大友 愛
松崎 さ代子

2003年(平成15年)

第10回Vリーグ4位
第52回黒鷲旗3位

監督:葛和 伸元

キャプテン:高橋 みゆき

Vリーグ、杉山祥子がブロック賞に輝く

高橋 みゆき
杉山 祥子
大友 愛
栗原 恵

2004年(平成16年)

第11回Vリーグ優勝
第53回黒鷲旗3位

総監督:葛和 伸元 監督:吉川 正博

キャプテン:高橋 みゆき

 

葛和監督が総監督に就任し、吉川監督が復帰
Vリーグ4回目の優勝(通算5回目の優勝)
アテネ五輪に高橋みゆき、杉山祥子、大友愛、栗原恵の4名が参加

高橋 みゆき
杉山 祥子
大友 愛
栗原 恵
有田 沙織

停滞期からの復活
(2005年~2014年)

4-1.jpg4-2.jpg4-3.jpg4-4.jpg4-5.jpg
※クリックで拡大

 

2005年(平成17年)

第12回Vリーグ6位
第54回黒鷲旗3位

監督:吉川 正博

キャプテン:仁木 希

 

本拠地を川崎市中原区の玉川事業場に移転
川崎市ホームタウン推進パートナーへの認定
第2回大会以来10シーズン守り続けていた4強を逃す

大友 愛
高橋 みゆき
杉山 祥子

2006年(平成18年)

2006/07シーズンV・プレミアリーグ5位
第55回黒鷲旗ベスト8

監督:吉川 正博

キャプテン:杉山 祥子

 

VリーグからV・プレミアリーグとリーグ名が変更

高橋 みゆき
杉山 祥子

2007年(平成19年)

2007/08シーズンV・プレミアリーグ6位

監督:吉川 正博

キャプテン:杉山 祥子

高橋 みゆき
杉山 祥子

2008年(平成20年)

2008/09シーズンV・プレミアリーグ3位
第57回黒鷲旗ベスト8

監督:山田 晃豊

キャプテン:杉山 祥子

吉川監督が退任し、山田晃豊監督が就任
北京五輪に高橋みゆき、杉山祥子の2名が参加

高橋 みゆき
杉山 祥子

2009年(平成21年)

2009/10シーズンV・プレミアリーグ5位
第58回黒鷲旗3位

監督:山田 晃豊

キャプテン:渡邊 絢子

松崎 さ代子
有田 沙織

2010年(平成22年)

2010/11シーズンV・プレミアリーグ4位
第59回黒鷲旗3位

監督:山田 晃豊

キャプテン:内藤 香菜子

Vリーグ女子チーム初となる通算250勝を達成
東日本大震災によるリーグ中断、暫定成績4位が最終成績となる

杉山 祥子
有田 沙織
松浦 寛子
井野 亜季子
八幡 美樹

2011年(平成23年)

2011/12シーズンV・プレミアリーグ8位
第60回黒鷲旗準優勝

監督:山田 晃豊

キャプテン:内藤 香菜子

リーグ戦にて開幕14連敗を喫し初の最下位となり、入替戦に勝利してリーグ残留

井野 亜季子
松浦 麻琴

2012年(平成24年)

2012/13シーズンV・プレミアリーグ4位
第61回黒鷲旗3位

監督:山田 晃豊

キャプテン:内田 暁子

 

日本リーグ及びVリーグ通算400勝を達成
レギュラーラウンドを首位通過
杉山祥子がVリーグ329試合連続出場を達成し、連続出場記録を更新

井野 亜季子

2013年(平成25年)

2013/14シーズンV・プレミアリーグ5位
第62回黒鷲旗準優勝

監督:山田 晃豊

キャプテン:内田 暁子

松浦 麻琴
近江 あかり
島村 春世
大野 果奈
鳥越 未玖

2014年(平成26年)

2014/15シーズンV・プレミアリーグ優勝
平成26年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会3位
第63回黒鷲旗ベスト8

監督:山田 晃豊

キャプテン:秋山 美幸

 

試合ごとのセット数に基づくポイント制、ファイナルステージ制の導入
レギュラーラウンドおよびファイナル6を2位通過、迎えたファイナルで勝利し、10年ぶりVリーグ5回目の優勝(通算6回目の優勝)

白垣 里紗
大野  果奈

2015年(平成27年)

2015/16シーズンV・プレミアリーグ4位
平成27年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会準優勝
第64回黒鷲旗 準優勝

 

監督:山田 晃豊

キャプテン:島村 春世

 

皇后杯で初の決勝に進出し準優勝
レギュラーラウンド5位でファイナル6を戦ったが、勝ち点が届かず、惜しくも4位でV・プレミアリーグを終える

岩﨑 紗也加
白垣 里紗
島村 春世
大野 果奈
古賀 紗理那