2016/17シーズン勇退選手・スタッフのメッセージ・現役選手からの贈る言葉

  info_category3.gif2017/06/07

いつもNECレッドロケッツへの温かいご声援をありがとうございます。
このたび2016/17シーズンをもってニコロバ・エミリヤ選手、近江あかり選手、鳥越未玖、佐川奈美選手、正里菜選手、大村悟ヘッドコーチ、柴田昌奈トレーニングコーチ、村上佳寿子通訳がNECレッドロケッツを勇退することとなりました。
在籍期間中は熱い応援、温かいサポートをいただきありがとうございました。
勇退選手・スタッフから応援していただいた皆様へのメッセージと、現役選手から勇退選手への贈る言葉をお届けします。

 

ニコロバ・エミリヤ選手のメッセージ
皆様にあらためて貴重な時間をいただきありがとうございます。
私のプレーで皆様へ良い刺激を与えることが出来ていれば幸いです。
この1年、皆さんと一緒に過ごせたことは忘れません。またどこかでお会いできればと思います。ありがとうございました。

 
 

◆近江あかり選手のメッセージ
NECに入りこの5年間は本当に貴重な日々でした。内定時には入替戦を経験し、ドン底と頂点を2度も経験することが出来たNECでのバレー人生でした。小学校4年生の頃から始め約18年間、大変な事も沢山あったけれど本当にバレーボールは、今の自分にとってなくてはならない存在でした。
これまでお世話になった恩師、会社の方々、家族、多くの方々の支えがあったからこそここまでバレーだけに集中することができました。
そして、いつも一緒になって戦って下さり、笑顔で話してくださり、支えてくださったファンの方々には本当に力や元気をもらいました。これまでの応援にあらためて感謝申し上げます。

 


◆鳥越未玖選手のメッセージ
先日は突然の引退発表で皆さんを驚かせてしまい申し訳ありませんでした。
2年前の優勝時、リベロとして出場する機会はあまりなく、色々な葛藤がありました。
この時、一度引退も頭をよぎりましたが、ここで引退したら後悔すると思い自分がリベロとしてどこまでできるかと強い思いを持ち、リーグ優勝だけを考えて取り組み、今年その目標を達成することができました。
この1年間は今までで1番バレーボールに向き合えた年でした。全日本にも選出していただき東京オリンピックを目指せる環境でしたが、中途半端な気持ちで日の丸を背負うこともできませんし、NECでも同じでこれまで以上の強い気持ちがないと頑張れないと思い、引退の決断に至りました。

 


◆正里菜選手のメッセージ
今シーズンでNECレッドロケッツを退団することになりました。
1年間というとても短い間でしたが、NECレッドロケッツに入団することが出来て本当に良かったです。たくさんの方々に応援して、支えてもらい、最高の環境でバレーボールができたこの1年間は本当に宝物です。
 

 


◆佐川奈美選手のメッセージ
3年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました。
私が入団してからの3年間、2度のリーグ優勝、サマーリーグ優勝、アジア選手権大会優勝というとても貴重な経験をさせていただきました。私はもともと人見知りでしたが、バレーボールを通して会社の皆さん、ファンの皆さん、バレー教室等、色々な方と交流する機会も多くあり、次第に人見知りも解消されてきました。本当に温かく見守っていただき、皆さんには感謝の気持ちしかありません。
 





 
◆大村悟ヘッドコーチのメッセージ
いつもNECスポーツを応援して頂きありがとうございます。この度、社業に専念することとなりました。ブルーロケッツ時代から応援して下さった方、レッドロケッツでもお声をかけていただき、たくさんのご声援ありがとうございました。これからもレッドロケッツをはじめ、NECスポーツへの温かいご声援をよろしくお願い致します。

 

 

  




 
◆柴田昌奈トレーニングコーチのメッセージ
いつも温かいご声援ありがとうございます。
NECレッドロケッツの一員として、選手・スタッフ、そして多くのファンの皆様と一緒に素敵な時間を過ごせたことは、私にとってとても大きな財産となりました。
今後は新たな挑戦となりますが、NECで過ごした経験を糧に全力で頑張りたいと思います。
本当に有難うございました。
引き続き、レッドロケッツへのご声援をよろしくお願い致します。  


 




 


 
◆村上佳寿子通訳のメッセージ
短い間でしたが大変お世話になりました。
NECのバレーボール通訳は楽しく勉強にもなり素敵な1年を皆様のおかげで過ごすことができました。もしどこかでお会いできる機会があれば気軽に声をかけていただきたいです☆
ありがとうございました。

アーカイブ