「横須賀市バレーボール教室」開催

  info_category5.gif2017/06/19

6/17(土)、横須賀市総合体育館にて横須賀市内の男女中学生約150名対象としてバレーボール教室が行われ、レッドロケッツから高橋コーチ・山口・岩﨑・家高・上野・柳田選手が講師役として参加しました。開講式では役員の方々からのご挨拶、そして自己紹介をし、早速高橋コーチ進行のもとバレー教室がスタートしました。



全体のウォーミングアップではバレーボールを使ってミニゲームを行い、体もほぐれたと同時に緊張もほぐれ笑顔になったところで基本練習へ。
レッドロケッツの選手たちが見本をみせ、生徒への指導へという流れで行いましたが、実践練習では積極的に質問する生徒に選手たちの指導も自然と細かく熱心になっていきました。



スパイクの見本では迫力あるスパイクに歓声があがり、「ボールの捉える位置と大きくバックスイングをすることが大切」と柳田選手からアドバイス。サーブ練習を行ったあとはレッドロケッツの選手もコートに入りゲーム形式へ。選手から教わったことを意識しながら取り組む姿に、選手たちも生徒と一緒に声をだしていました。







最後はNECチームと中学生男子チームが対戦し、会場は最後まで熱気に包まれていました。
閉講式では高橋コーチから「基本動作はとても大切です。毎日継続して頑張って下さい」と講評をし、選手を代表して柳田選手から「バレー教室では素直に聞いてくれて嬉しかったです。素直に取り組む姿勢はとても大切なことです。これからも頑張ってください」と挨拶していました。



生徒さんからは「この教室で基本の大切さを実感しました。今日指導いただいたことを忘れず頑張ります」とお礼のことばをいただき、最後は大きな温かい拍手で見送られ、教室が終了しました。
教室への準備ならびに当日の運営に際し、横須賀市教育員会様はじめ、横須賀市中学校体育連盟様、バレーボール専門部様ならびに指導者の皆様方には大変お世話になりましたことを深く感謝申しあげます。

アーカイブ