三沢市国際スポーツセンター落成記念事業

  info_category3.gif2017/10/02

10/1(日)、完成したばかりの真新しい体育館でトヨタ車体クインシーズとの試合を開催しました。





会場には2,000名を越える方々にお越しいただき、三沢市民を中心に館内はバレーボールファンで埋め尽くされました。
三沢市は大野選手の出身地であり、開会式では種市三沢市長様より大野選手への花束贈呈がありました。



そして、試合のほうは両チームとも本場さながらの気迫あるプレーでつめかけたファンを大いに沸かせました。



試合終了後には地元アナウンサーより大野選手へのインタビューがあり、「三沢市へ戻ってきてのプレーをした感想はいかがですか?」という質問には「こうして地元でプレーするのは中学生以来ですのでとても嬉しく思います」と照れながらもインタビューに応じ、会場からも大きな拍手が沸き起こりました。



その後に開催されたイベントでは、両チームのグッズが当たる抽選会を実施し、ファンサービスにも務めました。



今回の記念事業開催にあたり、三沢市様をはじめ、三沢市バレーボール協会の皆様、関係者の皆様には多大なるご尽力を賜り、誠にありがとうございました。
リーグ戦も間近に迫る中、とても素晴らしい体育館と環境の中で試合ができましたことに深く感謝申し上げます。
改めまして、関係者の皆様へ御礼を申し上げるとともに三沢市様のさらなるご発展をチーム一同祈念しております。

アーカイブ