V・プレミアリーグ開幕地の仙台で表敬訪問を行いました

  info_category3.gif2017/10/23

2017/18V・プレミアリーグが仙台市で開幕を迎えるにあたり、10/20(金)に、NEC東北支社が日ごろよりお世話になっている宮城県庁・仙台市役所を、支社の方々および、チームから山田監督、柳田主将、山口副主将と宮城県古川学園高校出身の大野選手が表敬訪問をしました。





各所表敬先では温かい激励のお言葉を皆様より頂戴しました。その中、大野選手との話ではコートネームの由来などで会話も弾み、和やかな雰囲気での表敬となりました。また、東日本大震災にも触れた際、「スポーツで市民を元気にしていきたい」とのお言葉もあり、私たちの姿で多くの方々に元気と勇気を与えていきたい、与えていかなくてはならないと強く感じました。
そして、チームカラーは?という質問に対し、山田監督から「誰でもマルチにいろんなポジションができるようなトータルバレーであり、チーム力で戦います!」と述べ、NECレッドロケッツというチームをPRしました。





また、仙台市内にあるNEC東北支社へもお伺いし、日頃の応援へ対する御礼を申し上げ、皆様より多くの激励を頂戴しました。
多くの方々の支えや応援に感謝の気持ちを忘れず、最後まで走りぬきたいと思います。
引き続き、NECレッドロケッツへのご支援ならびにご声援をどうぞよろしくお願いいたします。





 

アーカイブ