北海道・上ノ国町『上ノ国町スポーツセンター』落成記念イベント

  info_category3.gif2018/07/03

7/1(日)、北海道・上ノ国町の町民体育館『上ノ国町スポーツセンター』がオープンし、落成記念イベントとしてNECレッドロケッツと埼玉上尾メディックスの招待試合が開催されました。



試合当日は朝から生憎の雨模様でしたが、試合開始の時刻には、準備された客席が満席となり約1,000名の方で会場は埋め尽くされ、会場は大きな熱気に包まれていました。
今回は埼玉上尾メディックスさんの協力もあり、Vリーグの試合同様に音響や地元の子どもたちも巻き込んでの応援など、本番さながらの演出となりました。



上ノ国町長・工藤昇様から「このイベントは必ずや子どもたちの心に残ると思います。今回のようにVリーグの試合を観戦できることは滅多にありません。子どもたちは試合を見て感動し、この選手のようになりたい!一流選手になりたい!という励みになる試合を楽しみにしています」と歓迎のお言葉を頂戴しました。



その後、それぞれのチームに所属する北海道出身者(NECでは中西コーチ、奥山選手、廣瀬選手)への花束贈呈があり、試合がスタートしました。





試合は白熱した展開が続き、選手のファインプレーや力強いサーブ、スパイクにはどよめきや大きな歓声が上がり、会場へ詰めかけた多くの方々が応援リーダーとともに両チームへの大きなエールを送ってくれました。







試合後は両チームの主将と北海道出身選手へのインタビューがあり、「これからもたくさんの方々にバレーボールを通し元気や感動を与えたい」と柳田主将。そして、奥山選手は「私はアタッカーに気持ちをこめてトスをあげています。ボールに気持ちをこめて頑張ってほしい」と子どもたちへのエールを送り、「バレーを楽しんでほしいです。繋いでくれた最後のボールを私は気持ちをこめて打っています。気持ちを強く持って頑張りましょう」と廣瀬選手からエールが送られました。



招待試合のあとは抽選会があり、当選した方には、選手がチームグッズやサイン入りボールなどをプレゼントしました。当選者からは「頑張ってください」と直接温かい言葉をいただき、選手たちにとっても大きな励みとなりました。
また、前日には上ノ国町の関係者の方々との懇親会もあり、たくさんの美味しい料理を振る舞っていただき、多くの方と交流を深めることができました。





今回のイベントは上ノ国町の方々をはじめ、多くの方々に携わっていただき大きなご支援ご協力を賜り、成功のうちに終了することができました。
この場をお借りして関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

アーカイブ