2018邑南町合宿

  info_category3.gif2018/08/19

8月10日から6日間、島根県邑南町へ合宿に行ってきました。
毎年夏にお世話になっていますが、練習だけではなくバレー教室や表敬訪問、そして交流会も開催しています。今年は10年目を迎える節目の年とあって、さらに邑南町の皆さんとの絆を深めるとができました。



 12日には3会場に分かれてバレーボール教室を行い、元気に楽しむ小学生の姿や、選手・コーチの話を真剣に聞き、技術向上に励む中高生、また大人の方にもご参加いただき、コーチの力強いスパイクを真剣にレシーブ体験していただきました。大変盛り上がった雰囲気の中で教室を行うことができました。


(※写真は新加入の峯村沙紀選手)

 13日、邑南町役場への表敬訪問を行い、金子監督からは「新体制として山田前監督より引き継ぎましたが、支えてくれている人たちとの絆は変わることなく、熱い気持ちをもって戦います」と述べ、柳田キャプテンからは「邑南町民の憲章にもあるように“子どもの夢を育む”そんなチームになれるよう、バレーボールを通して夢を与えられるようなチームになります」と決意を述べました。邑南町の石橋町長からは「スポーツの町、邑南町として盛り上げていきたい。その一つに毎年レッドロケッツが来てくれて嬉しい。町に元気を与えてもらうとともに、常に上を目指していってほしい」と激励の有難いお言葉を頂戴しました。





 14日の午後には広島に拠点がある、大野石油オイラーズチームとゲームを行い、練習の成果を確認することができました。お越しいただきました大野石油さん、ありがとうございました。
そして、14日夜には、『10周年記念交流会』を開催していただき、合宿にあたりご尽力いただいている皆様から激励の数々を頂戴しました。交流会開催前にはレッドロケッツのOGである杉山祥子さんがこの度、『邑南町スポーツアドバイザー』に任命され、就任式が行われました。交流会冒頭では中村GMより「2020の東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、その先のオリンピックでもNECが先頭にたって多くの代表選手を選出できるようなチームにしていきたい」と述べました。また、『レッドロケッツ10年の軌跡』というビデオを用意してくださり、邑南町合宿に引き継がれている10年分の歴史を感じることができました。







 最後に行われた大抽選会では、2等の景品の『サイン入りTシャツ』に中学校1年生の女の子が見事当選。嬉し涙を流してくれました。これには選手ももらい泣きし、夢を与えることのできる仕事というのをあらためて実感することができたとともに、更に頑張ろうという気持ちになりました。最後には本合宿と10周年の感謝の気持ちを込めて選手・スタッフで花道をつくりお見送りさせていただきました。



この合宿を通し、改めて受け入れてくださる地域の皆様の温かさとスポーツを通して人と繋がることのすばらしさを感じる合宿となりました。
今回、事前の準備より多大なるご尽力を頂戴しました皆様、大変お世話になり誠にありがとうございました。



邑南町ならびに邑南町教育委員会様の更なるご発展と関係者皆様方のご健勝をチーム一同祈念申し上げております。
 

アーカイブ