玉川アリーナにてバレーボール教室を開催しました!

  info_category5.gif2018/08/27

8/25(土)、レッドロケッツ練習拠点の玉川アリーナにて川崎市内の中学校6校、約100名が参加してバレーボール教室を開催しました。
選手、スタッフが入場し自己紹介後、一関トレーニングコーチのもとウォーミングアップへ。緊張した生徒さんの気持ちをほぐそうと、ペアやグループとなり遊びの要素を含め動きやトレーニングを織り交ぜたアップとなり、そこに選手たちも加わり自然と生徒さんたちの表情もほぐれ笑顔になっていました。







実技練習では「基本動作のパスはとても大切です」と金子監督進行のもと、選手が見本を見せながら、体を使うポイントやボールを捉える位置、相手にボールを渡す時の声の大切さを生徒へ駆け寄り選手も熱心に伝えていました。生徒さんたちからも「はい!」と大きく元気な返事が返ってくると選手たちも笑顔を浮かべ会場も活気づいてきました。
強打レシーブ実技練習時には金子監督が大袈裟に悪いレシーブ例を見せると生徒からも笑いが起こる場面もありました。





3人のレシーブ練習では3人で声を掛け合い、ボールを繋ぐ意識をしてほしいとアドバイスがあり、その指導通りに選手が出すボールを必死で追いかけていました。





スパイク練習においては踏込みを力強く着地まで意識してほしいと、選手が見本でスパイクを打ち込むと歓声と拍手が沸き起こり、柳田選手が個別でスパイクのステップを指導し、生徒もうまく出来るととても嬉しそうな表情を浮かべていました。



ゲーム形式練習はNECチームと対戦し、NECチームからポイントを取るとコート内で集まり生徒さんたちも喜びを爆発させていました。そして、リベロの岩﨑選手もスパイクを打ち、決まると大喜びする場面もあり会場は笑顔に包まれました。





小川トレーナーからは「選手は次の日に疲労を残さないよう、そして怪我予防のためクールダウンを大切にしています」と全員でクールダウンをして全体の練習は終了となりました。
選手への質問コーナーでは、「試合中に体に力が入ってしまうのですが、どうしたらいいですか?」の質問に対して「仲間の目を見て、深呼吸してみてください!」と奥山選手からアドバイス。
金子監督から「私たちもバレーボールを通じて夢を与えられるように頑張りますので、ぜひ会場にきて応援してください」と、川崎市生田中学校出身の塚田選手からは「今回の教室で一つでも多くのこと学んでもらえたら嬉しいです。中学校でやった基本練習は今も活かされています。厳しいことも多いと思いますが、今を頑張れば絶対今後活かされるので頑張ってください」と激励の言葉を贈りました。



中学生を代表の生徒さんからは「普段できてないことを丁寧に教えてくださり、できるようになったこともあり、練習に活かしていきたです」と感謝の気持ちを伝えていただきました。
最後は全員で記念撮影をして無事に教室が終了となりました。
参加していただきました生徒の皆さん、先生方ありがとうござました。
 

アーカイブ