東京都バレーボール協会主催のバレーボール教室に参加しました!

  info_category5.gif2018/09/10

9/8(土)、駒沢屋内球技場体育館にて、新VリーグのPRも兼ねて東京都バレーボール協会主催でのバレーボール教室が開催されました。



レッドロケッツからは上野選手小島選手西原コーチが参加し、午前中は小学生とママさん約100名を対象に参加選手から自己紹介のあとに、選手とコミュニケーションをとりながらコート周りをジョギングしウォーミングアップを行いました。





教室の進行はFC東京バレー普及スタッフの竹内さんが中心となり、ランニングキャッチボールでは男子の選手と混ざり上野・小島選手らもデモを行い、その後は各コートに分かれ子どもたちも実践へ。「大きい声を出して相手の名前を呼びながら行いましょう」とアドバイスがあると、大きな声を出し子どもたちの緊張もほぐれた様子でした。





対人パス、そして3人レシーブと選手デモのあとは、選手から出されるボールに子どもたちは失敗してもチャレンジし、そんな一生懸命な姿に選手たちの指導にも熱が入り一気に会場は大きな活気に包まれました。



サーブ部門では選手がジャンプフローターやジャンプサーブを披露し「サーブをレシーブしたい人」と呼びかけるとたくさんの子どもたちがコートに入り、その迫力に圧倒されるもレシーブできると会場から大きな歓声と拍手が沸き起こりました。



スパイク練習前のデモンストレーションではその迫力に歓声が起こり、子どもたちもそれを真似ようと実技練習を行っていました。



実践練習が終了し、クールダウンのストレッチは小島選手が行い、教室を締めくくりました。



最後は全員で集合写真を撮り、その後は参加した各チームのチラシなどを配布し、子どもたちへサインをしたり、一緒に写真を撮ったりと貴重な時間となりました。



参加していただきました皆さん、そして主催いただいた東京都バレーボール協会関係者の皆さん、ありがとうござました。
 

アーカイブ