川崎市立平間小学校にて「ふれあい教室」を実施しました!

  2019/06/04

6/3(月)、川崎市立平間小学校にて「ふれあい教室」を実施し、峯村選手・小島選手が先生役とし参加しました。



自己紹介後、ウォーミングアップでは仲間と協力し合う大切さを知ってもらうため、5グループに分かれ、ボールを使ったチーム対抗リレーで相手と競い合いながら楽しく身体をほぐしました。
その後、バレーボールの基本となるオーバー・アンダーパスを選手が実演後、ポイントを伝へグループごとに円を作り、皆で「1、2、3、」と大きな声で数を数えながら少しでも多く続けようとボールが落ちるまで必死に走り回っていたのが印象的でした。





そして、峯村選手がスパイクの見本を見せると、生徒さんから「スパイクを受けたい!」とリクエストがあり、たくさんの子どもたちがコートへ入り、その迫力を体感していました。



ゲーム形式では全員がコートに入り前半の基礎練習で行ったオーバー・アンダーパスを使って協力し合いながらボールを繋ぎ、得点した時には皆でハイタッチをしながら喜んでいました。



先生役で教室の進行を務めた峯村・小島の両選手から「すごく元気で良い子どもたちで、何か伝えるとすごく反応してくれ、私達も楽しくバレーボール教室をすることができました」とコメントがあり、平間小学校で楽しく貴重な時間を過ごすことができました。

 

アーカイブ