川崎市立京町小学校にて「ふれあい教室」を実施しました!

  2019/06/18

6/17(月)、川崎市立京町小学校にて「ふれあい教室」を実施し、山田選手・吉田選手が先生役として子どもたちにバレーボールの楽しさを伝えるとともに、指導を行いました。



吉田選手は今回が初めての教室参加となり緊張した面持ちで自己紹介をし、進行役を務めました。



体操・グループごとに分かれてボールを使ったリレーを行った後、バレーボールの基本となるオーバーパス・アンダーパスの見本を見せました。「オーバーはおでこの前で三角を作って」「アンダーは、両手を合わせ親指を揃えて肘を張る」と説明し、グループごとに分かれ、輪になって皆で大きな声で数を数えながらパスを続けました。
何度か練習するうちに25回以上続けるチームも出ました。



その後スパイク練習ではまずステップの説明をし、山田選手の迫力のあるスパイクに子どもたちからは大きな歓声と拍手で大盛り上がりでした。
スパイクの見本を見た後には、子どもたちもスパイクの体験を行いました。



そして、最後はゲームで教室を締めくくりました。



教室が終わった後も「握手してください!」と子どもたちは選手を取り囲むように集まり、和やかなムードで楽しい教室となりました。

アーカイブ