鎌倉地区小学生バレーボール教室を開催しました!

  2019/07/29

7/26(金)、島村選手の出身地である鎌倉市にて約90名の小学生を対象にバレーボール教室を開催し、島村、澤田、廣瀬、荒谷の4選手が参加しました。島村選手から「今日は一緒に強くなる教室にしましょう」と開会の挨拶を行い、自己紹介のあと、教室を開始しました。



ウォーミングアップは廣瀬選手進行のもと、みんなで協力し合いながら楽しむアップを行い、参加した子どもたち同士の距離を縮めました



実戦練習では澤田選手・荒谷選手が見本を見せながら基礎のパス練習に入りました。オーバーパスのポイントとして澤田選手からは「膝を使うことを意識してやってみましょう」と伝え、アンダーパスでは廣瀬選手から「腕を振らずに相手にボールを送ることを意識してやっています」と伝えると、実際の練習では一生懸命に実践し、取り組んでくれました。




スパイク練習では、荒谷選手が見本を見せると大きな歓声があがり、島村選手からは「最後の一歩を大きくして強く踏み込むことで高く跳べます」とアドバイス。実際の練習でも選手に質問し、アドバイスをもらいながら取り組む姿が見られました。




サーブ練習では、澤田選手・荒谷選手が見本を見せ、荒谷選手からは「無回転の方が取りづらいので、ボールの中心をたたいて変化させています。そのためには手首を固めることを意識しています」と伝えると、子どもたちもその通りになるよう、数多くのボールを打ち、サーブ練習に取り組んでいました。




最後には子どもたちから“身長何センチですか?”、“なんでバレーボールを始めたんですか?”などの質疑応答でも笑顔が絶えない時間となりました。




閉会式では少年団の指導者の方から「今日はレッドロケッツの選手から素直さ、謙虚さ、礼儀正しさも学びましたね。来年には東京オリンピックがありますが、どのスポーツも世界と戦っている人たちの共通点は人間力があることだと思います。レッドロケッツのお姉さんたちのようにバレーボールを通して人間力を高めていきましょう」と大変ありがたいお言葉を頂戴し教室が締めくくられました。

開催にあたり多大なるご尽力を賜りました鎌倉市バレーボール協会の皆様をはじめ、関係者の皆様、そして、参加してくれました子どもたちに感謝するとともに、御礼申し上げます。ありがとうござました。
 

アーカイブ