千葉市中学生バレーボール教室開催を開催しました!

  2019/08/22

8/21(水)、千葉県千葉市の中学生を対象としたバレー教室が開催され、千葉県出身の小島選手のほか、奥山選手、古谷選手、荒谷選手、金子監督、藤原アナリスト、OBの楊さんが参加しました。



選手の自己紹介のあと、さっそく奥山選手進行のウォーミングアップに移り、ペアになってのメニューを中心に身体をほぐしました。
続いてオーバーハンド、アンダーハンドでのボールコントロールといった基礎の練習では、進行を務める小島選手の「腕や上半身だけでなく、膝を使ってボールを運ぶことで、仲間がとりやすいパスになる」というアドバイスのもと、全員で練習を行いました。



その後三人レシーブの練習では、4選手がそれぞれコートで指導を行い、ボールを落とさないための声かけやカバーリングの動きなどを中心に取り組みました。
スパイク練習に移ると、荒谷選手、古谷選手がデモンストレーションで見せた大きなフォームでのスパイクに、会場からは大きな拍手があがりました。



また、スパイクで重要なことを聞かれると、荒谷選手は左手の使い方、古谷選手はバックスイングの意識といったように、それぞれ自身の経験に基づいたアドバイスを行いました。
最後のミニゲームでは白熱したラリーが見られ、さらには、NECレッドロケッツvs各中学校の先生方というドリームマッチが実現し、生徒たちは先生やNECの選手のプレーに大盛り上がりでした。
教室の最後に設けられた質問コーナーでは、「練習でチームワークを育むには?」という質問に対して、奥山選手が「チームメイトの目を見てコミュニケーションをとること」とアドバイスし、「試合で緊張したときは?」という質問には、荒谷選手から、「自分や周りを奮い立たせるためにあえて大きな声を出す!」など、試合や練習ですぐに使えるアドバイスをしました。



参加した生徒たちは、はじめは緊張からか、控えめだったものの、教室が進むにつれ、熱心に練習に取り組み、積極的に参加してくれました。
礼儀正しくNECの選手の話を真剣に聞く生徒の姿が非常に印象的な、充実したバレー教室になりました。
最後になりますが、参加していただいた生徒のみなさん、そしてこの教室の開催に際し多大なるご尽力を賜りました関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。





 

アーカイブ