川崎市とどろきアリーナにてふれあいバレーボール教室を開催しました!

  2019/09/01

9/1(日)、川崎市とどろきアリーナにて川崎市中原区主催のふれあいバレーボール教室を開催しました。今年で6回目を迎える教室ですが、年々応募者も増えて今年は初心者から経験者、そして小学生からママさんまで幅広い年代の方、約120名が集まっての教室となりました。



まずは中原区長・永山様より「レッドロケッツはスポーツパートーナーとして地域に大きく貢献していただいています。今日はこの機会を大切に選手の皆さんから色々と学んでください」とご挨拶を頂戴しました。



その後、一関トレーニングコーチの楽しいウォーミングアップから始まり、3コートに分かれて実践練習を開始。
中学生・ママさんには高橋コーチ、小学生経験者には中西コーチ、小学生初心者には西原コーチが中心となり指導にあたりました。また、初めてだけどバレーボールをしてみたい!とお子さんと一緒にきて下さったママさんたちも参加して峯村選手を中心に触れ合いました。





中学生・ママさん担当の高橋コーチは自らボールを打って熱いレシーブ指導を行い、中西コーチは様々な道具を使いながら工夫した練習方法で教え、西原コーチは初心者を楽しませようと大きな声で「がんばるぞー」と掛け声をかけると子どもたちからも「おーっ!」と大きな返事が返ってきて大きな盛り上がりをみせていました。





各コートも活気があり大きな声が体育館に響き渡り、最後は各コートで試合形式のゲームをそれぞれのレベルに合わせたルールで行いました。





楽しそうにバレーボールを行う参加者の姿にレッドロケッツの選手たちも安らぎと元気をもらうことができました。
あっという間に時間も過ぎ、金子監督から総評を行い、質問タイムでは「最高何位ですか?代表選手はいますか?」という質問もあり、子どもたちにもレッドロケッツのことを知ってもらうきっかけにもなりました。



山内主将からは「教室お疲れ様でした。私たちのスローガンは地域の皆様とのつながりも意味します。一緒になってがんばっていきましょう」と述べ、最後は全員で記念撮影をし、選手たちは参加者とのハイタッチをしながら見送りをしていただきました。



本教室におかれましてご支援ご協力を賜りました公益財団法人川崎市スポーツ協会、今年総体初出場を果たした星槎国際高等学校女子バレーボール部の皆さん、誠にありがとうございました。


 

アーカイブ