~ 第64回国民体育大会 トキめき新潟国体リポート ~

  info_category1.gif2009/10/06

01.jpg

 NECではなく東京代表として出場する、年に一度の国民体育大会。今年は新潟県小千谷市で開催された。小千谷市は5年前の中越大震災、一昨年の中越沖地震で大きな被害に遭い、今回の会場である小千谷市総合体育館は近隣住民の避難場所になった場所だ。
 地元の人たちが選手をもてなしの心で迎える国体では、会場に手づくりの名産品や食品などを販売するのは珍しいことではないが、小千谷市ではまた違う光景が見られた。体育館では、地元の小学生が手書きのボードを持って、笑顔で選手を迎える。
 「地震のときはお世話になりました。私たちはもう大丈夫です。選手のみなさんありがとう、頑張って下さい」
 たくさんの温かな心に包まれて、東京代表のレッドロケッツは山形代表(パイオニア)、佐賀代表(久光製薬)に粘りのバレーを展開して勝ちあがり、決勝戦へとコマを進めた。


08.jpg 13.jpg

 決勝の相手は、岡山代表の岡山シーガルズ。国民体育大会では、平成14年の第57回大会から18年の第61回大会まで5連覇を達成し、昨年の優勝を合わせると7年間で6度の優勝を果たしているチームだ。プレミアリーグでも、手堅い守備から繰り出すシーガルズ独特のコンビバレーに幾度も苦戦を強いられている。

14.jpg

 今年度になって初めての対戦を前に、レッドロケッツの選手たちは「とにかくがむしゃらに、相手にぶつかろう」と確認し合っていた。しかし、勢いを持って臨まなければならない試合の立ち上がりでつまずき、まず得るべき主導権を相手に握られてしまう。完璧なタイミングで放ち、決まった、と思うスパイクボールを相手にレシーブされてしまったことで、焦りも生じた。
 連続失点が続くなか、何とかこの状態を打破しようと、セッターの秋山は内田、八幡、松﨑のバックアタックを積極的に使う。夏場の練習で「サイドアウトだけでなく、ブレイク(相手の攻撃からの切り返し)の決定力を上げることを重視してきた」(松﨑)という成果が表れた場面もあったが、シーガルズの手堅さを打ち崩すには至らない。仕掛ける攻撃が阻まれ、なかなか点を取れない苦しい状況が続いた。松﨑は言う。
 「1本1本のパスの精度、ミスの少なさ、すべてにおいて相手と比べると、ものすごい差が出てしまった」
 攻撃を仕掛ける前衛が準備できていない状況を見ずに、簡単にパスを返してしまうなど守備の連携ミスも生じた。何とか立て直そうと、リベロの井野や、レフトの内田、八幡が好レシーブで粘りを見せたが、攻守でシーガルズが上回り、1、2セットを簡単に奪われてしまう。

04.jpg 06.jpg


 後がない状況に追い込まれ、突破口は見出せず、流れも引き寄せられない。しかし、ここから何とか逆転勝利につなげようと、レッドロケッツの選手たちが再び立ち上がる。スパイクを決めればガッツポーズでチームを鼓舞し、1本のレシーブで何とかチャンスをつくろうとする。ベンチの選手たちも、リーグ中より少ない人数ながらも懸命に声を出し続けた。

12.jpg 07.jpg

 第3セットは内田、松﨑の活躍で得点を挙げ、この試合で初めてリードを奪い、ようやく選手たちに笑顔が見られた。
だが、ここでまたもミスが生じ、シーガルズに連続得点を許してしまう。山田監督が「練習でそのまま流してしまっているミスが、こういう場面で出る。まだまだ甘い。これが実力です」と語気を荒げたように、大事な場面でプレーに精度を欠き、第3セットを18-25で失い、セットカウント0-3で敗れ、プレミアリーグ前に行われる最後の公式戦は準優勝に終わった。

09.jpg

11.jpg

10.jpg


 プレミアリーグの中でも随一と言えるミスの少なさ、手堅さを誇るシーガルズを前に、より多くの課題が顕著になった試合であったのは確かだが、だからこそ見つかった成果もある。1年目の八幡は「全部のプレーがまだまだダメだけれど、苦しいとき、しんどいときにどう頑張れるか。試合を通してその大切さを実感できた」と言い、キャプテンの渡邊や前キャプテンの杉山とともにチームをまとめる松﨑は「悪いところもいいところも出て、とくに若い選手にはメンタル面を鍛えるいい経験ができた」と話す。悔しさを受け止め、リーグで花を開かせるために。山田監督は言う。
 「どれだけ自分の責任を感じられるか。戦う心を持って、どんな相手にも向かっていけるよう、練習からまたしっかり頑張ります」
 リーグの開幕まで、あと2か月を切った。きっとすべての経験が、チームを育てる糧になる。

03.jpg 02.jpg

取材・文:田中 夕子/写真:北村 大樹(アフロスポーツ)
JVL承認NECW-2009-T022




10/3 準々決勝
NECレッドロケッツ
3 - 2
 山形県(パイオニアレッドウィングス)
305.jpg 306.jpg 301.jpg
302.jpg 303.jpg 304.jpg


10/4 準決勝
NECレッドロケッツ
3 - 1
 佐賀県(久光製薬スプリングス)
401.jpg 404.jpg 402.jpg
405.jpg 406.jpg 403.jpg

写真:大谷 欣也
JVL承認NECW-2009-T022

このレポートの試合

2009-10-05 岡山県(岡山シーガルズ) ● 0-3 ○

2009-10-04 佐賀県(久光製薬スプリングス) ○ 3-1 ●

2009-10-03 山形県(パイオニアレッドウィングス) ○ 3-2 ●

アーカイブ