~長野県御代田町にてバレーボール教室を開催しました~

  info_category5.gif2012/09/03

 

9/2(日)、長野県御代田町にてバレーボール教室を開催しました。
コート3面を使用した会場には、小学生95名、中学生15名が集い、早くも熱気が溢れます。
 


午前の部に行われた教室で小学生の教室を担当した近江選手は「子どもたちの初々しい気持ちに元気をもらいました。みんなとても積極的な姿勢で、楽しく教えることが出来ました」とのコメント。
同じく小学生を担当した大野選手は「これまでのバレー教室の中でも1・2を争う子どもたちの元気のよさと積極性、そしてフレンドリーさを感じました」と心に残る教室だったようです。
また、残念ながら怪我のため全体の教室へ参加できなかった中学生の一人は、リハビリ中の金子選手とともに個別メニューで特訓。
金子選手は「リハビリをしている子どもの気持ちがよくわかります。お互いに早く復帰してみんなと同じコートに立とうと励まし合いながら頑張りました」と語りました。
今回、レッドロケッツの選手が異口同音に「元気のある御代田町の子どもたち」と表現するように、教室後の“ふれあいの場”でも楽しい時間を過ごすことが出来て、大きな元気をいただきました。
 




午後の紅白戦では実践さながらのプレーを一目みようと約400名の方々に集まっていただき、良い意味での緊張感のもとゲームを行いました。





教室前夜には御代田茂木町長もご出席されての懇親会へとお招きいただき、楽しい時間を過ごすことが出来ました。 御代田町の皆さん、懇親会・教室を含め大変お世話になりありがとうございました。
御代田町の子どもたちや地元の方々との“ふれあい”と澄んだ空気により、清々しい気持ちで選手たちは帰京しました。 新たな気持ちでまずは目の前のサマーリーグへ臨みます。

アーカイブ