会員限定の練習見学会を行いました

  info_category4.gif2012/10/22



10/20(土)、NEC玉川事業場玉川アリーナにて、NECスポーツ後援会およびNECロケッツクラブ会員限定の練習見学会を開催しました。約180名の参加者が集まる中、紅白戦・若手選手のパフォーマンス・サイン会・抽選会を行い参加した方々との交流を深めました。


 
冒頭、岩崎部長より「今日は多くの方々にお集まりいただき、ありがとうございます。そして、いつもNECレッドロケッツへ温かいご声援をいただき感謝申しあげます。内田新キャプテンのもと、新戦力のイエリズ選手を迎え入れ、今シーズンは優勝目指して頑張ります。短い時間ではありますが、今日は楽しんでください」と来場いただいた皆様へご挨拶し、さっそく紅白戦を行いました。 選手同士の対戦という普段見ることがない試合は白熱したゲーム展開となり、新戦力 イエリズ選手のお披露目ということもありプレーの一つ一つに歓声や拍手がわいていました。
続いて山田監督の放つサーブを体験するコーナーを設け、手の上がった5名の方へ鋭いサーブを体感していただきました。


 
次にサイン会へ移行する予定でしたが、選手5名によりダンスパフォーマンスが急遽決定。これは選手が企画し数日前から密かに練習を重ねていたもので、予定外の演出に進行役も段取りが掴めない場面がありましたが、そこはご愛嬌。八幡選手、渡邊選手、滝口選手、白垣選手に新人の近江選手が、エグザイルと桃色クローバーZの曲に合わせてリズミカルな!?ダンスを披露しました。 マネージャーと書かれたTシャツに身を包み黒子のように登場した島村選手は、脱ぎ捨てられた衣装を回収するという裏方に徹していましたが、途中でダンスに参加。練習はしていなかったもののキレのある動きを見せていました。
   
      



サイン会と抽選会を実施し、最後に山田監督と内田キャプテンによる決意表明を行い、選手全員で参加された方々をお見送りして会は終了。 多くの方々に応援されていることを改めて実感したレッドロケッツのスタッフと選手たちは、迫るV・プレミアリーグ開幕へ向けてより精進を重ねていきます。これからも皆様の温かく熱いご声援をよろしくお願いします。



アーカイブ