~杉山祥子 Vプレミアリーグ329試合連続出場達成!!!~

  info_category3.gif2013/01/15




 どんなときも常にコートに立ち続けてきた。1試合も欠かすことなく、一つひとつ積み重ねてきた試合は、1月13日の東レアローズ戦で「329」試合。レッドロケッツの杉山が、V・プレミアリーグにおける連続試合出場の最多記録更新という金字塔を打ち立てた。
 
 杉山のNECレッドロケッツ入団は1998年。当時を振り返ると、自身は「周りの先輩に比べて自分があまりにも何もできなすぎて、誰かを目標にすることさえできなかった」という。それでも持ち前のスピードとクレバーさで、同年の第5回Vリーグ開幕戦でデビューを果たし、以後15年間、レッドロケッツのセンターポジションを守ってきた。社会人2年目のシーズンの全勝優勝など、Vリーグ制覇は3度経験。個人賞も新人賞に始まり、スパイク賞1回、ブロック賞3回、ベスト6選出5回と、華々しいキャリアが燦然と輝く。世界選手権、ワールドカップ、オリンピックに2度ずつ出場するなど、2000年から10年以上に亘る全日本での活躍は改めて語るまでもないだろう。
 
「まずこうして丈夫な身体に生んで育ててくれた両親に、そしていつも応援していただいているNECグループの皆さん、今までNECで一緒にやってきたチームメイトやスタッフ、地元の後援会のみなさん、ファンのみなさんに感謝しています」
 
 杉山が自身の記録について語るとき、何度も口にしたのが「感謝」の言葉だった。うまくいかないときはもちろん、うまくいっているときも決して奢らず、謙虚な姿勢でバレーボールに取り組んできた証しが、329試合連続出場という偉業を生み出したに違いない。
 キャプテンの内田も杉山から見習うべき点は多いと言う。
「連続試合記録というのは、怪我をしたり体調を崩したらできないことです。それは身体のメンテナンスやケアを妥協しないで毎日続けるということ。そうしたスギさんの継続力や意識の高さを私たちはいつも身近で感じていますが、そういう姿勢が大記録につながっているのだと改めて思います」
 東レ戦に勝利し、ヒーローインタビューに応じた後、レッドロケッツのチームメイトから胴上げをされた杉山。「本当は優勝してからやってほしかったんですけど」と言いながらも、「こんな機会は滅多にないので、みんなに感謝です」と笑顔を見せた。ただ、この大記録でさえも一つの通過点。杉山は若いチームメイトたちの精神的支柱として、これからもレッドロケッツを力強く引っ張っていく。
 
達成記録 Vリーグ329試合連続出場 
達成試合 2013/1/13 大阪・大阪市中央体育館 V・プレミアリーグ2012/13 第10戦 
東レアローズ戦 
Vリーグ初出場試合 1998/12/23 東京・駒沢体育館 第5回 Vリーグ ユニチカフェニックス戦 


杉山祥子選手プロフィール
生年月日 1979年10月19日(33歳)
身長/体重 184cm/66kg
出身地 静岡県駿東郡
出身校 富士見高校
チーム加入年度 1998年度
主な代表歴 2002年 世界選手権
2003年 ワールドカップ
2004年 アテネオリンピック
2006年 世界選手権
2007年 ワールドカップ
2008年 北京オリンピック
主な受賞歴(Vリーグ) 新人賞     :第5回(1998-1999)
スパイク賞  :第8回(2001-2002)
ブロック賞   :第10回(2003-2004)、第12回(2005-2006)、2008/09
ベスト6        : 第8回(2001-2002)、第9回(2002-2003)、
                       第10回(2003-2004)、第12回(2005-2006)、2008/09
栄誉賞         :2006/07、2008/09
※2006/07シーズンより、大会名称変更
 
   
 


アーカイブ