2014/15シーズンからVリーグ開催方式が変更となります

  info_category6.gif2014/04/15

2014/15シーズンのV・プレミアリーグの開催方式ならびに順位決定方法の変更が、
下記の通り発表されました。「ポイント制」「上位6チームによる1回戦総当たりプレーオフ」
「上位3チームによるステップラダー方式ファイナル戦」など、これまでと大きくシステムが変更となり、
レギュラーラウンドからこれまで以上に熱い戦いが繰り広げられることでしょう!

来シーズン、新方式となるV・プレミアリーグを楽しみにお待ちください!

■主な変更点
<大会方式>
1)レギュラーラウンド(3回戦総当り)の順位により、上位6チームがプレーオフに進出、
 下位2チームがチャレンジマッチに進出

2)プレーオフ(1回戦総当り)の2位と3位がセミファイナル(1回戦)に進出。
 セミファイナルの勝者とプレーオフ1位が優勝決定戦(1回戦)で対戦。

<順位決定方式>
【レギュラーラウンド】
 試合結果(セット数)により、ポイントが付与され、獲得ポイント数によって順位が決定します。

 ・「3-0」もしくは「3-1」での勝利 3ポイント
 ・「3-2」での勝利 2ポイント
 ・「2-3」での敗戦 1ポイント
 ・「0-3」もしくは「1-3」での敗戦 0ポイント

【プレーオフ】
 レギュラーラウンドの順位に応じて、持ち点(ポイント)が付与され、
 プレーオフでの獲得ポイントとの合計によって順位を決定します。

詳しくはこちら(一般社団法人日本バレーボールリーグ機構HP)

 

アーカイブ