川崎市でバレーボール教室を開催しました

  info_category5.gif2014/08/04

7月31日(木)に川崎市内の中学校生徒約110名を対象として、NECレッドロケッツが日頃練習している玉川アリーナでバレーボール教室を開催しました。
 
レッドロケッツの選手が拍手で生徒に迎えられ、川崎市市民スポーツ室の荻原室長から挨拶をいただき、岩崎部長・山田監督の挨拶後に選手が自己紹介を行い、秋山選手が中心になりバレー教室がスタートしました。
 
まずは各グループに選手が混ざり、「人間知恵の輪」でコミュニケーションを図りました。
みんなで試行錯誤し、うまく円になれたチームはハイタッチをして喜んでいました。
選手との距離も縮まりウォーミングアップ・実技指導へ入り、スパイク助走の練習ではチームジャンプ力No1の柳田選手から高く飛ぶための指導もあり、選手は熱心な生徒たちに細めに声をかけ指導を行いました。最後に行った中学生チーム対NECの試合では、コーチ陣も参戦し大いに盛り上がりました。
閉講式では秋山選手が「今日習得したことをチームに持ち帰っても続けて練習してください。そして、今日参加した皆さんの中からVリーグで活躍する選手が出てくるよう、頑張ってください!11月よりV・プレミアリーグが始まります。とどろきアリーナでホームゲームも行われますので、ぜひレッドロケッツの応援に来てください」とチームを代表して挨拶。
そして、生徒からは「今日教わったことを、試合に活かしていきたいです。ありがとうございました」とお礼の言葉がありました。
 
最後に全員で記念撮影を行い、レッドロケッツの選手たちがハイタッチで生徒を見送りバレーボール教室を締めくくりました。
参加した中学校バレーボール部の皆さん、これからも頑張ってください!















 

アーカイブ